Hadoopを利用した開発

Hadoopの特徴

Hadoopは、大規模なデータを効率的に分散処理、そして管理するためのソフトウェア基盤です。大量のデータを処理できることから、今まで廃棄されていたようなデータも蓄積し、必要な時に高速に検索するために用いられています。これまで蓄積されたデータから新しいデータの価値を生み出し、新しいビジネスに繋げることができる、今注目されている技術です。

Hadoopは、オリジナルのファイルシステムであるHDFS(Hadoop Distributed File System)と、HDFS上で動作するHBaseというデータベースによって構成されています。HDFSは仮想ファイルシステムで、そのストレージとして機能するのがHBaseです。

Hadoopの最大の特徴は、多数のノードで並列処理ができるよう作業を分散できることです。マスターノードで分散処理の管理をし、実際の処理をスレーブノードに任せることで、スレーブノードを増やせば増やすほど処理性能を高めることができます。また、Hadoopは元々インターネット上の大量なデータを処理するために作成されたゆえに、当初はインターネット企業からメインで使用されていました。検索キーワードの分析や、アクセスログの解析、ECサイトでの購入情報や商品データの集計などが主な利用方法でしたが、近年では一般的な企業でも、データマイニングやBIツールとして採用されることが増えています。さらに、Hadoopの他の特徴として、業務システムやバッチ処理を、分散処理によって高速化することができます。Hadoopを利用することで、これまでシステム処理にかかってきた時間を大幅に短縮できます。

Hadoopを利用した開発

上述したように、Hadoopはデータ処理に用いられます。大きく分けて、2つの方法で活用されます。
一つはログデータの解析、もう一つはバッチ処理です。

ログデータの解析とは、集めたデータを集計して分析し、資料として活用したり、運用予測のためのデータとして使用します。また、集計したデータをインデックス化して、データベースで利用するように加工することも可能です。

バッチ処理とは、例えば売上データや受注データの集計処理など、一定期間ごとに大量なデータを集めてから一括して処理することです。
このような機能から、様々な活用方法が導き出されます。下記はその具体例です。

・蓄積されたデータやアンケートから、ターゲットとなる顧客を明確化して新商材を開発
・業務システムの利用履歴とパソコンの操作ログを分析し、業務の改善ポイントを明確化
・ソーシャルメディアから潜在顧客を割り出し、アプローチ対策を作る。
・Web上の操作ログから、ユーザビリティの低いページを特定し、改善

弊社では低コストでのHadoop開発実績がございます。

詳細はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お名前 必須

メールアドレス 必須

件名

お問い合わせ内容 必須

個人情報の取り扱いについて 必須

弊社の個人情報に関する取り組みについてご確認いただき、同意いただける場合はチェックをして確認画面へお進みください。

03-5772-3346

[受付時間 9:00~18:00]
即日回答させていただきます!(※土日祝日の場合は翌営業日)
お見積りや資料請求などもお気軽にご連絡ください。