採用エントリー

CEO MESSAGE 代表メッセージ

OUR MISSION

テクノロジーで世の中をより良く変えていく活動を通して顧客に選ばれ続ける存在であること、 その結果として会社を成⻑させ仲間の成⻑と豊かな⽣活に資する。 これが私達のチームの使命です。

夢は、仲間と共に掴んでこそ価値がある

『御客様に喜ばれたい。仲間達に喜ばれたい。そして社会に価値ある事を実現したい。』 EVERRISEは、この経営理念を基に創業しました。 現在、数多のビジネスは、アウトソーシングで成立します。 しかし私たちは、ビジネスパートナーという「商取引」ではなく、社員という「仲間たち」とチームを組むことに重きを置きます。 それはなぜか?ソフトウェアは人がつくります。 価値の源泉は人にあります。 困難を乗り越えたとき、夢を達成したときの感動は、「仲間たち」と共に味わってこそ、価値の本質を掴めると考えているからです。 EVERRISEは、人を大切にする会社です。チームで勝つ。 だから面白い。 その想いに共感していただける方の挑戦をお待ちしています。

株式会社EVERRISE
代表取締役

PERSON 社員インタビュー

野口 直希 NAOKI NOGUCHI


マーケター
2017年/中途入社


close

Person
社員インタビュー
野口 直希 Naoki Noguchi

マーケター
2017年/中途入社

「社員の成長を心から望んでいる」
経営陣の言葉は、本当だった

入社理由

前職は、製造設備メーカーで主に自社マーケティングを行っていました。 しかしその職域は広く、専門力を磨けていない焦りがありました。 一方、EVERRISEはデジタルマーケティングの高い技術力と深い知見がある。 さらには「社員の成長を心から望んでいる」という言葉を、面接時の役員から多く聞きました。 将来性の高い技術力があり、社員の成長のための社内制度や文化がある。 その2点に強く惹かれ、入社を決意しました。

現在の仕事内容

2018年からCDP『INTEGRAL-CORE』のマーケティングを専任しています。 Webサイトのリニューアルやコンテンツ作成、展示会企画、広告、運用やセミナーの講師まで、施策は様々です。 先日は『INTEGRAL-CORE』の先進性をわかりやすく伝えるべく、当社に前例のない「マンガマーケティング」を行ったところ、営業先や代理店から大好評の声を多くいただきました。 挑戦を奨励するEVERRISEだからこそ実現できた施策でした。

今後の目標

私の目標は、『INTEGRAL-CORE』を、EVERRISEを牽引する存在にまで成長させることです。 新しい製品ジャンルのマーケティングはまさにゼロイチ。 前例や正解はありませんが、そのなかで施策にチャレンジできることに強いやりがいを感じます。 論理的に費用対効果を検証した施策には、経営陣も積極的に後押ししてくれます。 今後も新施策を続々と提案し、事業やチームをリードする人材になっていきたいです。

エバーライズの環境について

転職して良かったと強く感じる点に、社員のスキルへの意識の高さが挙げられます。 仕事に求められるレベルが高いため、社員は仕事と並行して常に勉強をしています。 もちろん、壁にぶつかることはありますが、「一緒に頑張ろう」という空気が後押しをしてくれます。 一方、オンとオフのメリハリは強く、残業は本当に少ないです。 計画的に長期休暇も取れます。 「周囲の仲間と共に成長をし続けていきたい」と願う人には最適な環境だと思います。

丸山 智広 TOMOHIRO MARUYAMA


エンジニア
2014年 /新卒入社


close

Person
社員インタビュー
丸山 智広 TOMOHIRO
MARUYAMA

エンジニア
INTEGRAL-CORE SRE
チームリーダー
2014年/新卒入社

顧客のビジネスモデルから
「データ」を思考し、アウトプットする

入社理由

私は新卒就活の際、エンジニア志望ではなく、「選考フローが楽しい企業であれば、入社しても面白く働けるだろう」という判断基準を軸にしていました。 学生の企業理解には限度があるため、直感を優先したのです。 EVERRISEの面接は、社員も社長も本音で話せ、会社の将来方針の説明にも美辞麗句な表現はなく、リアルで「隠しているところがない」と感じました。 ここで働ければ後悔はしないと確信できたのが、入社の決め手でした。

現在のキャリアについて

入社時はエンジニアリング未経験でしたが、ベトナム支社での研修中に、WEBサイト案件が立ち上がり、急遽、制作リーダーを務めました。 約半年後に帰国して以降は、広告運用ツールの開発案件、アドサーバの保守案件、『Goodjob!』の立ち上げ、『Admiral』の開発を経験。 2017年からは『INTEGRAL-CORE』にアサインされています。 入社直後から裁量のある仕事を経験できたため、スピーディに成長できた実感があります。

現在の仕事内容

『INTEGRAL-CORE』のチームリーダーとして、インフラ整備や改善を含む総合的な開発支援を行なっています。 一部の顧客対応も担当しているため、問い合わせ対応や、スポット的なカスタム作業も作業の一つです。 セキュリティチェックや、大量データへの耐久性といったインフラ領域の知見を深め、同時に顧客とのコミュニケーションも深めることで、『INTEGRAL-CORE』の普及を支援しています。

エバーライズのいいところ

メンバーと会社の成長を日々、実感できる点が、刺激的で面白いです。 役員と社員の距離もとても近いため、終業後はオフィスのバースペースでお酒を飲みながら、代表とも気軽に意見交換をしています。 また、DX(デジタルトランスフォーメーション )を展開している企業のため、「データ」に対する捉え方が変わります。 作業的な観点ではなく、顧客のビジネスモデルから総合的に「データ」を思考し、アウトプットへと繋げられるようになります。

北村 歌菜 KANA KITAMURA


エンジニア
2019年/中途入社


close

Person
社員インタビュー
北村 歌菜 KANA KITAMURA

エンジニア
2019年/中途入社

スキル向上への道筋がクリアで、
成長スピードが加速していく

入社理由

前職は、客先常駐で保険契約の管理システムを作っていました。 エンジニアとして新しい技術を実践できる環境を求め、転職活動をしましたが、個人主義的な風土の企業には違和感を抱いていました。 「共に働く人を大切にする」企業を求め、出会ったのがEVERRISEです。 役員を筆頭に、技術に精通した人々が常に挑戦をしていく。 しかし同時に、互いを高め合うチームプレーも大切にする。 そのバランスは、私が求めていた環境そのものでした。

現在の仕事内容

チームリーダーからの指示のもと、『HARBEST』の実装・テストの設計、および実施を行なっています。 最近はチームリーダーの補佐も担い、テスターメンバーの指揮なども任されています。 また、SREチームとして『HARBEST』のインフラ周りを支援するためのキャッチアップも日々続けています。 『HARBEST』がAWSなどのサービスを使い、どんなフローで動いているかをQiitaで記事化し、情報共有に寄与するなど、新技術の習得にも手応えを感じています。

スキルアップについて

前職と比較すると、社員のインプットとアウトプットの量が圧倒的に多いです。 有益な記事が上がると即座にSlackで共有されますし、先輩社員からの実装のアドバイスも、仕組みの説明で終わるのではなく、「狙い」を含めた本質的な説明をいただけます。 さらにそこから議論も生まれるため、自分の思考に深みが生まれます。 各々の視点の違いも肯定的に受け入れられるため、スキル向上への道筋がクリアになり、成長スピードが高まっています。

エバーライズのいいところ

EVERRISEの社員は、技術習得にストイックですが、役職を問わずフランクに話し合える社風があります。 互いに敬意を持ち、言葉遣いは丁寧なものの、凄まじい量で冗談も飛び交っています。 オフには、よく一緒にゲームも楽しんでいますよ。 ちなみに私は体育の教員免許状取得者の知識を活かし、隔週でストレッチや筋トレのレクチャーを希望者に行なっています。 友人にEVERRISEの話しをする際は、いつも「仲が良い会社だよ」と話しています。

松土 彰吾 SHOGO MATSUDO


コンサルタント
2011年/新卒入社


close

Person
社員インタビュー
松土 彰吾 SHOGO MATSUDO

コンサルタント
2011年/新卒入社

DXの可能性を世に発信し、
業界内での影響力を高めていく

入社理由

「エンジニアは未来の総合職。ITを理解しない者には、新規事業がつくれない時代がくる」。 就活時に代表の倉田から言われた言葉です。 若手から活躍でき、スキルを磨けるのはベンチャー企業の利点ですが、EVERRISEはその先の成長ビジョンまで投げかけてくれました。 技術を身につけた上で、ビジネスマンとして活躍したかった私の将来ビジョンに合致する言葉でしたし、「共に働きたい」と強く思わせてくれる企業理念にも感銘を受け、入社をしました。

現在の仕事内容

『INTEGRAL-CORE』のフィールドセールス兼技術コンサルタントとして、新規顧客への提案。 さらにはCS(カスタマー・サクセス)担当として契約企業のサポートも行っています。 DX(デジタルトランスフォーメーション)への理解がまだ薄い想定顧客も含めた販売戦略を立案し、売上に繋げる仕事ですので、PM(プロジェクトマネージャー)担当時の顧客対応よりも広い視野が求められています。 あらゆる顧客に対して、技術的な解説で「課題の本質」を共有し、DXを推進するミッションは困難であると同時に面白味があります。

エバーライズの環境について

入社2、3年目からリーダー職となり得る環境ですので、「業務をこなす」という思考を早々に超え、システム技術やマネジメント、ビジネスモデルまで含めた「仕組みを作る」視座が身につきます。 さらに半期に一度は、チーム表彰と個人表彰があるため、個々人の仕事に対するリスペクトや、自身のモチベーション向上が明確に湧き上がります。 互いに高め合う環境こそがEVERRISEらしさだと思いますし、事実、スキルはすぐに向上します。

今後の目標

これまでプロジェクトのリーダー職を経験してきましたが、次のステップは、一つの事業を自分の手で動かしていくことだと思っています。 新卒入社の私がコンサルタント、そして事業者として活躍することで、後進のモデルケースとなることを願っています。 そのためにもDXの情報をより一層、世に発信し、業界内での影響力を高めていくつもりです。 エンジニア+ビジネスマンとして先進的な取り組みに挑みたい方は、ぜひ共に仕事をしましょう。

INFOGRAPHIC 数字で見るエバーライズ

創業年2006年 創業年2006年
社員数 75名 ※社員数 東京本社46名、 ベトナム支社12名 社員数 75名 ※社員数 東京本社46名、 ベトナム支社12名
年齢別割合 20代:30代:40代=69%:24%:7% 平均年齢 29歳 年齢別割合 20代:30代:40代=69%:24%:7% 平均年齢 29歳
男女比 男性:女性=7:3 男女比 男性:女性=7:3
新卒・中途入社者割合 新卒:中途=53%:47% 新卒・中途入社者割合 新卒:中途=53%:47%
職種別割合 エンジニア:コンサル・営業:マーケティング:コーポレート=68%:19%:8%:5% 職種別割合 エンジニア:コンサル・営業:マーケティング:コーポレート=68%:19%:8%:5%
平均月残業時間 9時間 平均月残業時間 9時間
有給取得率 80% 有給取得率 80%
文系・理系割合 文系:理系=59%:41% 文系・理系割合 文系:理系=59%:41%
出身地割合 北海道:関東:東北:中部:近畿:九州:四国:中国=7%:54%:3%:13%:10%:7%:3% 出身地割合 北海道:関東:東北:中部:近畿:九州:四国:中国=7%:54%:3%:13%:10%:7%:3%

※2019/10/01 時点

ENVIRONMENT 環境・制度


close

月一懇親会

月に一度、社内カフェスペースにてお酒や料理を楽しみながら社員同士の交流を深めています。 全社員が集まる機会を定期的に設けることによって、年次や役職の枠を超え、より活発なコミュニケーションが取れるようになりました。

懇親会費補助

社内のコミュニケーション活性化のため、社員同士での懇親会の費用を一人3,000円/週まで負担しています。 気軽に集まり、飲み会や豪華ランチを楽しむほか、社内部活動にも使用することができるので利用率の高い制度です。

シャッフルランチ

新入社員と先輩社員がランダムにランチに行くイベントです。 新入社員は、先輩社員から仕事内容や部活動、有志のイベント情報などを知ることができ、さらには様々な部署の社員と話すことで、いち早く会社になじむことができます。

Goodjob!

EVERRISEが開発した社内コミュニケーションツールです。 社員同士、感謝をポイントとして送り合えることができ、当社でもコミュニケーションの活性化と業務の円滑化に役立っています。 獲得ポイントは給与や景品にも交換可能です。

社内 Bar スペース

社内には社員コミュニケーション促進のためのBarスペースがあります。 EVERRISEとBarを掛け合わせ、「Ebar」と呼ばれています。 社員同士のフランクな交流はもちろん、取引先との交流を深める際にも活用されています。

書籍購入・共有

業務や学習で必要な書籍は会社の経費で購入可能です。 購入後の書籍は社内の本棚に置かれ、誰もが自由に読むことができます。 本棚には技術書から組織マネジメントのビジネス書まで、幅広いジャンルの書籍があります。

社内総会

四半期に一度、全社員が集まり会社全体の目標や戦略を共有します。 会社の方向性を理解し、全社員が改めて同じ方向を向くきっかけを作ることで、結束力を高めています。 また、食事を楽しみながら社員同士の交流も深めています。

EVERRISE AWARD

半期に一度の社内表彰は、EVERRISEの掲げるCore value(Boldly Go/Energize/Think Hard)への実行度や会社への貢献度をもとに、社員やチームを選出します。 受賞を目標に掲げ、業務に取り組む社員も多いです。

日本酒交流会

EVERRISEには趣味を共有するコミュニティが多く、日本酒交流会もそのうちの一つです。 日本酒好きな有志各自でおすすめのお酒を持ち寄り、品評を楽しんでいます。 交流会の内容は常に創意工夫され、企画力の向上にもつながります。

社内広報

会社の方針や社員の取り組みを社内全体により浸透させるために、社内広報の強化も進めています。 社員インタビューや、役員からのメッセージ、懇親会レポートなど、幅広い内容の発信により、情報共有が深まっています。

社内 LT 大会

仕事だけではなく、日常のさまざまな情報や知識を共有することを目的として定期的に開催しています。 テーマに沿ったプレゼンをおこなうことで、楽しく知識や情報の共有ができるため人気のあるイベントです。

部活動

フットサル部やバスケ部などの運動系から、サウナ部や映画部などの文化系まで、バラエティに富んだ部活があります。 また、自身で新たな部活を立ち上げることも可能です。 年次や役職、チームの垣根を越え、交流を深められます。

月次評価

月に一度、各チームで360°評価を行います。 社員は複数の社員からフィードバックを得ることで、評価や課題を把握し、個人の成長へとつなげています。 会社に自分の意見を伝える機会でもあるため、会社と社員の相互理解に寄与しています。

winsession

週に一度、個人で設定した目標に対し、達成したことや尽力したことを共有します。 毎週、少人数のチームに分かれて一人ずつ発表するので、他の社員の取り組みについても理解を深められる場となっています。

1 on 1

社員の主体性を高めることを目的とし、隔週で上司と1on1を行っています。 1対1で話しをすることで相互理解を深め、信頼関係を構築しています。 また、組織としての方向性が一人一人に伝わるため、質の高いチーム作りにつながっています。

もくもく会

休日や平日の早朝は、社内のカフェスペースで、“もくもく”とプログラミングや勉強、読書などに取り組める自由参加の会が開催されています。 人目のある環境によって刺激を受け、作業が捗るほか、周囲に相談ができることもメリットです。

OKR

チーム毎に3か月間での達成目標と、達成への指標を決めています。 OKRを定めることで、会社、チーム双方が目標への共通認識を深めることができ、メンバー全員が同じ方向に向かって取り組む体制が構築されています。

良いイス

エンジニアが多い社内環境のため、長時間座っていても疲れないよう、オフィスには「バロンチェア」や「アーロンチェア」などの高機能ワークチェアが採用されています。

デュアルディスプレイ

エンジニアを中心にデュアルディスプレイを支給しています。 作業画面の範囲が広くなることで、効率よく業務を行えます。

  • 金銭補助あり 金銭補助あり
    交流 交流
    • 月一懇親会
    • 懇親会費補助
    • シャッフルランチ
    • Goodjob!
    • 社内Barスペース
  • 金銭補助あり 金銭補助あり
    成長 成長
    • 書籍購入・共有
    • 社員総会
    • EVERRISE AWARD
  • 交流 交流
    金銭補助なし 金銭補助なし
    • 日本酒会
    • 社内広報
    • 社内LT大会
    • 部活動
  • 金銭補助なし 金銭補助なし
    成長 成長
    • 月次評価
    • winsession
    • 1on1
    • もくもく会
    • OKR
    • 良いイス
    • デュアルディスプレイ

HR MESSAGE 人事メッセージ

人事

共に会社を創っていくこと、
共に成長していくことを喜び合いたい

当社はまだ発展途上の会社なので、大企業の様にすべての制度が整っていてそれに従えばよいという環境ではありません。 良いところも不足している事も合わせて存在しています。 だからこそ、これから入社してくださる皆さんと共に良い点を伸ばし問題を改善し、会社を共に創り上げていける人に来ていただきたいと考えています。

CORE VALUE

Boldly Go!

社員には、失敗を恐れずに大胆に挑戦して欲しいと思っています。 新しいことへ果敢に挑んで、臆せず自ら行動していきましょう!

Energize!

良いチーム作りをするために、お互いに声をかけあったり、笑顔で気持ちよく働けるように心がけています。 エネルギーを与えられる人であり、自らの気持ちをモチベートしていきましょう!

Think Hard!

本質を見極め、自身の頭で考えることが大切です。 既存の仕組みや常識を正しく疑い、今一度考えることを意識していきましょう。

ENTRY 採用エントリー

ご利用しやすいエントリー方法をクリックしてください!皆さまのご応募お待ちしております。

ACCESS CONTACT

address

株式会社EVERRISE
〒106-0032 東京都港区六本木4丁目11番13号
ランディック六本木ビル3F
〈TEL〉03-5772-3346

ACCESS

  • 東京メトロ比谷線六本木駅4a出口より徒歩1分
  • 都営地下鉄大江戸線六本木駅7番出口より徒歩2分
MAP
CONTACT Facebook Facebook       Twitter Twitter