データフィード最適化(DFO)ツールの開発・構築

データフィード最適化(DFO)ツールとは?

データフィードとは、自社の商材や商品情報などのデータを、広告配信先の形式にあわせて変換して送信することを言います。ユーザーが直前に見ていた商品の情報を表示する動的リマーケティング広告や、レコメンド広告を始めとしたデータフィード広告を配信するためには、多数ある広告配信プラットフォームそれぞれにあわせた体裁でデータを送る、つまりデータフィードを行う必要があります。

データフィードは個別に手動で行うこともできますが、商品数や配信プラットフォーム数が多いと、広告運用者にとって負担の大きい作業となってしまいます。そこで、運用コストを削減するために、データフィードの作業を自動化するデータフィード最適化(DFO:Data Feed Optimization)ツールを使う企業が増えています。

データフィード最適化(DFO)ツールの主な機能

以下のような機能を持つツールの開発・構築をいたします。

商品更新データの自動取得

商品情報に頻繁に変更がある場合でもサーバーから自動でデータ取得を行い、常に最新情報を利用することができます。

データの加工

検索キーワードによって商品名の一部を変更したり、広告接触回数によって説明文を増減したりなど、ユーザー行動にあわせて広告の内容を調整することができます。

各種媒体へのデータ最適化

フォーマットがそれぞれ異なる媒体にあわせたデータに自動で変換を行い、アップロードまで行います。
アップロードの頻度や回数を指定することも可能です。

データ分類

商品の特徴やカテゴリに分けて広告配信や分析を調整することができます。

DMP、CRM、DSPなどのシステムとの連携

データ収集から登録、広告配信までの流れをより最適化し、高速に行うことが可能となります。

ワンタグ管理

媒体ごとのタグを個別に設置する必要がなく、一つのタグですべてのタグ管理が可能です。

 
上記に無い機能でも自由に開発が可能です。お気軽にお問い合わせください。

一般的な活用事例

ECサイトや人材マッチングサービス、旅行代理店や不動産業など、商材の種類が多岐に渡り、最新情報を広告にも頻繁に反映する必要のある業種で、データフィード最適化(DFO)ツールが多く活用されています。

ユーザーが閲覧した商品を見せる動的リマーケティング広告、ユーザーの興味関心や閲覧履歴などからおすすめの商品を見せるレコメンド広告、ユーザー属性にあわせた内容の広告など、よりパーソナライズ化された広告配信が求められる商材では、データ登録・更新の手間が運用コストとなるため、データフィード最適化が必須です。

一般的な広告配信プラットフォーム

商品リスト型、リマーケティング型、レコメンド型広告

 ・Facebook ダイナミックプロダクト広告(DPA:Dynamic Product Ads)
 ・Googleショッピング広告(旧・Google 商品リスト広告(PLA))
 ・Google動的リマーケティング
 ・Criteo(クリテオ)
 ・アイレコ

アフィリエイト広告

 ・A8net
 ・バリューコマース アフィリエイト

自社でデータフィード最適化(DFO)ツールを所有するメリット

◆既成ツールに足りない機能を自由に追加できる
◆自社データにより適した無駄のない設計での開発が可能
◆対応プラットフォームの拡大が可能
◆ツールを新たに販売することでビジネスを拡大

導入の流れ

開発の流れ

弊社開発実績

Criteo(クリテオ)へのデータフィードや、MAツール用のデータフィード設計などの実績がございます。
詳細はお問い合わせください。

サービス事業社・ITベンダーの皆様へ

各種ツールやサービスを提供される企業様にもテクノロジーを提供しております。

新規ツール・サービス開発の初期構築

既存ツール・サービスのメンテナンスサポート

既存ツール・サービスのパフォーマンスアップ(コストダウン)

詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

お名前 必須

貴社名

メールアドレス 必須

件名

対象サービス 必須

お問い合わせ内容 必須

個人情報の取り扱いについて 必須

弊社の個人情報に関する取り組みについてご確認いただき、同意いただける場合はチェックをして確認画面へお進みください。

03-5772-3346

[受付時間 9:00~18:00]
即日回答させていただきます!(※土日祝日の場合は翌営業日)
お見積りや資料請求などもお気軽にご連絡ください。