SYSTEM
INTEGRATION
システム開発
BIGDATA PLATFORM ビッグデータ基盤開発

なぜ、ビッグデータ基盤が必要なのか? なぜ、ビッグデータ基盤が必要なのか?

顧客のオンラインシフトが進み、企業内外の活動を莫大なデータをもとに改善・最適化することが企業競争力にダイレクトにつながる時代となっている中で、 企業は必要最低限のデータを保持・利用するのみでなく、企業内に溜まっている莫大なデータを積極的に活用していく方針へ舵を切る必要に迫られています。
また、ビッグデータの活用においては、データを1か所に収集・統合し分析する処理を、他システムに影響を及ぼさず、高速に利用できることが重要であり、 そのためには専用のビッグデータ基盤が必要です。EVERRISEでは、各社の目的に合わせてクラウドを用いた専用のビッグデータ基盤を開発します。

ビッグデータ基盤の要件 ビッグデータ基盤の要件

  • 01大量・多種類データの処理

    今後は扱うデータが莫大に増えていき、データの種類も豊富になっていくと言われています。 月に数ギガバイト程度の負荷にしか耐えることができないシステムではデータを思うように活用できません。 大量・多種類のデータが発生することを前提にビッグデータ基盤を開発し、企業のデータ活用を後押しします。

  • 02データのリアルタイム活用

    ビッグデータ活用のうち、各種トリガーによるアラート配信やマーケティングでの活用は、目的に応じてリアルタイムでデータを受け付け、 処理を行ったうえで、各種システムに連携する必要があります。EVERRISEでは、リアルタイム性に優れたビッグデータ基盤の開発が可能です。 リアルタイムに処理を行わないと実現できない機能の開発をサポートします。

  • 03データの一元管理

    ビッグデータ基盤を構築することで、重要なデータを1箇所に集められるようになります。 データの一元管理によりスムーズな分析・活用を実現します。 また、他部署とのデータ共有が容易になり、各部門での相互のデータ利用の促進や、各システムに対するデータの連携しやすい環境構築が可能です。 EVERRISEでは、目的に合わせたデータ保持ができるよう開発を行います。

  • 04影響されない既存システム

    データを活用するうえで、サービスの運営や管理を行う既存のシステム上で機械学習など新たな機能を追加して運用する場合、 負荷を考慮する必要がありますが、切り出した環境を作ることで既存のシステムへの影響を小さくできます。 またクラウド上にビッグデータ基盤を構築することで、必要に応じて最新の技術や環境を利用できるようになります。

ビッグデータ基盤の機能 ビッグデータ基盤の機能

EVERRISEは「AWS」または「GCP」のクラウドサービスの組み合わせによってビッグデータ基盤を開発します。

メイン機能

  • データ収集用:ETL
  • データ蓄積用:Data Lake
  • データ分析用:DWH & BIツール
  • 個別データ用:Data Mart
  • リアルタイム:メモリDB

サブ機能

  • データカタログ機能
  • 権限ごとのデータアクセス制御機能
  • 負荷に応じてマシン即時増減機能
  • 死活監視機能
  • バックアップ機能

クラウドサービスで開発するメリット クラウドサービスで開発するメリット

  • ADVANTAGE01

    必要に応じた機能の拡張性

    クラウドサービスを利用することで、サーバレスアーキテクチャの利用等により数テラ・数ペタの莫大なデータを高パフォーマンスで処理できる環境を構築できます。 ETLやData Lake、データカタログ、データアクセス制御などの機能を必要に応じて拡張できます。

  • ADVANTAGE02

    開発スピードの速さ

    ゼロから設計およびマシンリソースの追加・拡張が必要となる自社サーバーでのシステム開発に対し、クラウドサービスで提供されている機能を組み合わせて環境を構築、開発することで、 昨今の速い市場変化に対して、初期の構築および機能追加においても拡張性が高いことにより、スピーディーに対応できます。

  • ADVANTAGE03

    コストの最小化

    クラウドサービスは、必要なリソースを利用したときに利用しただけのコストを払う仕組みのため、特に必要なマシンリソースを定義しづらいビッグデータ基盤においては、 自社のサーバーを構築するよりも初期のコストを抑えることができ、拡張に応じて適切なコストで運用できます。予算に応じてコストを抑える運用方法もご提案可能です。

EVERRISEが選ばれる理由 EVERRISEが選ばれる理由

2006年創業のEVERRISEは、インターネット広告基盤(アドテク)開発を多数手がけており、 「超大量アクセス」「超大量データ」「高可用性」のシステム開発を最も得意としています。 アドテクは、月に数ペタのデータが発生し、人がWebサイトやアプリを開いた瞬間に最適な広告を出すために0.1秒以内に判断できるシステムです。 EVERRISEは、この莫大なデータをリアルタイムに返す技術もとにビッグデータ基盤開発を行います。

ビッグデータ基盤の開発費用は、初期の構築費および、ランニングではクラウドサービスの費用、必要に応じた運用・保守費用が発生します。 各社の目的に合わせた最適な専用環境を開発し、適切なインフラコストとなるようご提案します。

運用保守費用はご状況にあわせて月額数十万円から対応可能です。常時対応が必要な場合は24時間の保守対応を行うプランも提供しています。

導入までの流れ 導入までの流れ

  1. 01
    現状の分析と要件定義

    現状ヒアリング
    システム・データ要件定義

    想定人数:1~2名
    想定期間:1~3ヵ月

  2. 02
    設計

    基本設計
    詳細設計

    想定人数:1~2名
    想定期間:1~6ヵ月

  3. 03
    開発・テスト

    プロトタイプ作成
    レビュー・改善
    テスト

    想定人数:2~6名
    想定期間:1~6ヵ月

  4. 04
    導入後の支援

    運用保守サポート
    SQLの作業代行