オフショアでベトナム人と開発するときに絶対に注意すべき3つのこと

3つの注意

EVERRISEではホーチミンでベトナムの人たちと一緒にWebサービスのオフショア開発をおこなっています。開発をスタートしてしばらくたちますが、最近はよく日本の方から「文化の違いは大きいですか?」「仕事をする上で気をつけてることあります?」と聞かれることが増えてきました。

そこで今回はベトナムの人たちと一緒に働くうえで知っておいたほうがいいこと、気をつけておくべき3つのことを紹介します。

ベトナムの人たちの性格の理解

080111

ベトナムの人たちの性格は穏やかで、また日本人に非常に近い印象を受けます。真面目で勤勉、向上心も強く働きながら夜間の大学に通う社会人も多いです。また家族や仲間を非常に大切にしています。就職する会社を選ぶ理由でも、給料の高さよりも仲間意識が強いかを優先して考えているようです。

一方で上下関係は重んじており、日本のPMやBSE(ブリッジSE)からの指示やスケジュールが多少無茶な内容でも期限いっぱい頑張ってしまうような人が多いです。問題があっても立場が上の人にそれを伝えたり、改善を要求したりすることはベトナム人は得意ではないので仕組みによる工夫が必要です。

EVERRISEでは「問題を伝えることはとてもよいこと」「逆に伝えないことは相手に悪い」と繰り返し伝えて教育で意識の改善をはかっています。また日本とのミーティングを増やしたり、Skypeでプロジェクトごとにグループを作ったり、お互いがコミニケーションしやすい環境にしています。

品質に対する意識の共有

high quality

オフショア開発においては一番把握しておかなければいけないのは品質に対する意識の違いです。これは開発においてというよりもベトナムの普段の生活全体にいえることです。

例えば電気屋さんで新品の家電を買っても動かない、新しいものに交換したらそれも動かない、やっと動いたと思ったら一週間で壊れた、などなど。他にも飲食店ではお客が来たけどメニューがなかなか出てこない、タクシーではお金を払ったけど運転手が細かいお釣りをもってなかった。

こんなことが街の色んな所で起きています。こういう環境なので品質に関する意識は自然と低くなり、また育つ機会も少ないです。

品質に関する意識が低いとシステム開発では色んな問題が発生します。
仕様に関する理解が浅い。自分の担当分だけ把握し、全体像が掴めていない。画面間の統一がとれていない。テストが不十分。などなど。

この品質に対する意識の違いは実は教育と仕組みで意外と簡単に解決することができます。
前述したようにベトナムの人たちは非常に勤勉で向上心が強いです。品質がなぜ重要なのか、クライントに喜んでもらえる喜び、そういったことを教えれば、理解し改善しようと努力してくれます。

日本側でも開発スタート前に仕様把握のミーティングを頻繁に開く。開発が軌道に乗り出してからもポイント、ポイントでコードチェックを行い、ぶれていないか確認をする。チェック体制とレビューを返すことでEVERRISEでは品質向上に努めています。

日本のやり方を押し付けない

禁止!

ベトナムの人たちと働いているとどうしても日本人との働き方の違いが目についてしまいます。その違いをよく「ベトナムの人はまだまだだな…」と悪いことだと思ってしまいがちです。
ですが、その違いは私たち日本人が常識だと思っているだけでベトナムもしくは海外では常識でないかもしれません。どちらが正しいと言うわけではないですが、私達日本人の常識と違っているので彼らの行動を悪く感じてしまっているだけなのです。

よくよく考えてみると働き方の違いも良い悪いではなくて単純な違いでしかないです。

たとえば開発スタイルでいえば日本ではPMからの指示や仕様書が曖昧で現場が空気を読みながら作業をしたり、最初に仕様を決めずに開発しながら徐々に作っていくことが多いです。ドキュメントが作られないことも多いですよね。(後で苦労することも多いです……。)
こういうスタイルは特に海外からは日本の悪い習慣だと言われていますが、このスタイルで日本のIT企業が発展してきました。

曖昧なおかげで現場が考え、より正しい結果を出せたり、進めながら決めることで要望に即した仕様になったりとメリットも多くあるはずです。何より空気を読み取る日本人にあったスタイルだったので効果を発揮できたのだと思います。

ですので日本人のやり方を押し付けることは間違いです。かといってベトナムのやり方に全部合わせるのも失敗のもとです。オフショア開発なのですから日本人とベトナム人双方が歩み寄って進め方を工夫していくことが大切です。

EVERRISEではPDCAサイクルでやり方をブラッシュアップしていきながら、日本とベトナムそれぞれが仕事しやすいやり方を取るようにしています。

まとめ

  • ベトナム人は日本人と同じように真面目で勤勉
  • 品質に対する意識は教育と仕組みでフォロー
  • 日本とベトナムが歩み寄ってやり方を作る

他にもたくさん書きたいことはありますが、今回はここまで。

次回はオフショア開発におけるコミュニケーションの注意点について書かせていただきたいと思います。

それでは「ホムナイコーレン!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

ホーチミンオフィスの最近やっとスプーンの使い方がわかってきた山崎です。...

記事を読む

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

皆さんこんにちは! 今回は気になるベトナム人エンジニアの給与例を...

記事を読む

ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ

ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ

EVERRISE Vietnam 現地駐在している山崎です。主に社...

記事を読む

若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと

若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと

今回は弊社のオフショア開発オフィスがあるベトナムへ短期出張してみて感じ...

記事を読む

no image

ベトナム進出を考えている企業が必ず知っておくべきこと

成長著しいベトナムではまだまだ日本企業の進出ラッシュが続いています。中...

記事を読む

新着記事

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

ホーチミンオフィスの最近やっとスプーンの使い方がわかってきた山崎です。...

記事を読む

知っておきたいベトナム旧正月-Tết-

あけましておめでとう...

記事を読む

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

皆さんこんにちは! 今回は気になるベトナム人エンジニアの給与例を...

記事を読む

ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ

ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ

EVERRISE Vietnam 現地駐在している山崎です。主に社...

記事を読む

若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと

若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと

今回は弊社のオフショア開発オフィスがあるベトナムへ短期出張してみて感じ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?
日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

ホーチミンオフィスの最近やっとスプーンの使い方がわかってきた山崎です。...

知っておきたいベトナム旧正月-Tết-

あけましておめでとう...

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!
ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

皆さんこんにちは! 今回は気になるベトナム人エンジニアの給与例を...

ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ
ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ

EVERRISE Vietnam 現地駐在している山崎です。主に社...

若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと
若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと

今回は弊社のオフショア開発オフィスがあるベトナムへ短期出張してみて感じ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑