WordPress(ワードプレス)

WordPressとは

WordPress(ワードプレス)はPHPで開発されたオープンソースのソフトフェアです。
もともとはブログ作成のために作られましたが、現在ではCMSとしても使われています。

WordPressのメリットとデメリット

メリット

WordPressを活用するメリットとしては、サイト作成における卓越した自由度があげられます。

WordPressの仕組みはスクリプト言語としてPHP、さらにコンテンツ管理データベースとしてMySQLを利用しています。つまりフリーウェアとして世界中で実績のあるテクノロジーを活用しつつ、どのようなサイトでも自由に作成できるのです。

また、豊富なプラグインを活用することで洗練されたデザインのWebフォーラムや掲示板、SNSや画像投稿サイト、ショッピングサイトなど、さまざまなサイトを作成できます。
さらに、レイアウトやデザインの自由度からSEO対策としても有効と言われ、マルチポスト機能による複数サイトの運営や情報セキュリティ対策面も強化されています。

デメリット

Webサイト作成面でメリットの多いWordPressですが、従来のブログサービスと違って運用管理の面で注意が必要です。

まずWordPressでサイト構築を行うには、必ず自前でサーバーを準備しなければならないという点です。
無料のレンタルサーバもありますが、WordPressの運用に適しているかどうかを自分で判断せねばならず、さらにアップロードするファイルの容量などを意識して必要なサイジングを行う必要があります。

また、WordPressのバージョンアップに伴うサイトのアップデートやバックアップもサイト管理者自身で行わなければなりません。

WordPressの運用に必要なこと

訴求力のあるサイトを目指したサイトのメンテナンス

WordPressによるサイト構築の最大のメリットは、他のCMSやブログサービスと比較して、デザインやコンテンツの追加変更が容易である点があげられます。

しかしながらどのタイミングでどのように変更を加えるかを十分に検討した対応が必要です。

たとえばSEO対策などを含めたアクセス動向を見据えながら、自社の商品やサービスを効果的に紹介してアクセス数の増加や売上アップを目指す対応が必要となります。

安定稼動を目指したサイトの運用管理

WordPressでのサイト運用には、技術面での知識も必要となります。

たとえばWordPressの場合はサーバーは自前で準備することが必要なため、コンテンツのボリュームやアクセス状況を考慮して、適宜サーバー構成を見直したり、ECサイトの場合はセキュリティ対策を検討するなどサーバーインフラに関する知識が必要となります。

またWordPressの各プラグインはアップデートされるので、自社のサイトを適宜それに合わせて対応できるような知識も必要です。

運用コストの削減

Webサイト構築での利便性が注目されているWordPressですが、実は前述のようにコンテンツ面、技術面の両者で専門的な知識を駆使した運用が必要となり、そこに専門家をフルに関与させると結果的に運用コストがかかってしまうことになるため、WordPress利用効果が損なう結果となります。

自社が必要とする知識は何かを明確にした上で、必要な専門家をうまく関与させることで最適なコストでサイト運用を行うことが重要です。