CVR(コンバージョン率)

CVRとは

CVR(コンバージョン率/Conversion Rate)とはWebサイトへアクセスした人のうち何%がコンバージョンに至ったかという割合を指します。
母数はPV(ページビュー)、またはUU(ユニークユーザー数)です。CVRが高いほど、サイトを訪れた人がより高確率でコンバーションまで到達したということになります。

サイトの目的により変わるコンバージョン

コンバージョンは、Webサイト上で獲得できる最終的な成果です。この成果が何を表すかは、Webサイトがどのような目的で作られているかによります。

たとえば、コマースサイトであれば、サイト上で商品が売れることが目的なので、商品が購入されたという行動がコンバージョンです。
BtoBをはじめとするWebサイトでは、問い合わせや資料請求がコンバージョンとなります。
本来は、最終的に商材の売買が発生することが目的ですが、それはリアルな世界でのことであり、Webサイトが立ち上がっている目的はイコールではないこともあるため、コンバージョンはWebサイト上での最終的な行動に着目することになります。

CVRだけでWebサイトの良し悪しを判断することはできませんが、指標の一つになります。CVRを上げることはサイトにとって必要な施策と言えます。

広告運用におけるCVRの指標

CVRは、インターネット広告などの費用対効果を見るための数値として利用されています。ほとんどのインターネット広告は有料であるため、その費用対効果の把握にCVRが使われます。

広告は、Webサイトへの誘導には大きな結果を出せますが、多くのアクセスがあってもCVRが低ければその広告の効果も低いと言えます。このようなケースの原因としては広告の内容とWebサイトのコンテンツが一致しないことが挙げられます。広告から誘導されたページの内容が、広告内容と異なったものであれば、訪問ユーザーはすぐに離脱してしまうでしょう。また、コンテンツの内容自体にも魅力がなければ離脱の原因となってしまいます。
つまり何らかの施策をした場合はアクセス数だけでなく、コンバージョン数やCVRにも着目すべきということになります。
そしてCVRが低い場合は、改善の方法として誘導先のWebページのコンテンツの見直しがあげられます。