クラウドソーシング

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとはインターネット上で業務を外注することです。

これは不特定多数に対し業務を公開し受注者を募る、という点が従来型のアウトソーシングとは異なっています。クラウド(crowd)は英語で群衆、の意味ですが、語源もそこから来ています。そして、企業とワーカーの仲介を行うサービスがクラウドソーシングサービスです。

そういったサービス提供者の役割は、基本的にはワーカーと企業側のマッチングを図ることや、そこで受発注された業務のプロセス管理です。多くのクラウドソーシングサービスが、ワーカーの報酬の数%を手数料として徴収することで収益を上げるシステムを採用しています。

クラウドソーシングシステムの主な機能

ワーカーと仕事のマッチング

クラウドソーシングの最も基本的な機能はユーザ(発注側、受注側)登録と仕事のマッチング機能です。ユーザの情報はプロフィールとしてSNS利用のイメージで作成可能です。また、業務スキルや業種をタグ情報として登録しておくことで素早いマッチングが可能になっています。さらにこのワーカーのタグ情報は、マッチする案件をメール配信するような機能にも有効です。

受発注方式

仕事の受発注に関しては多くのサービスでタイプが分かれています。一般的なのがワーカー側からの提案を募集し、最も好条件のワーカーに発注するプロジェクト型のタイプです。
デザイン系に多いのがコンペ形式にして成果物(作品)を募り、企業側が最も良かったものだけを選び報酬を支払うタイプです。

スカウト機能

発注側がこれまでの実績などから「特定の」発注者としてワーカーを登録し、その枠内だけで仕事を完結させる場合もあります。
開かれたクラウドソーシングの中でのプライベートな場所の提供と言えます。こういったスカウト機能も双方が信頼と実績をベースによりよく仕事をするための非常に重要な機能です。

マイページ

マイページ機能の充実も必要です。提案検討項目についてチェックしリスト化することや、実際に受注したものの進捗管理、そして現在の支払い総額の確認などが主な項目です。この中には企業側とのダイレクトメッセージのやり取りや掲示板、成果物提出のためのファイルアップロード機能などが埋め込まれています。

クラウドソーシングのビジネス活用の例

Eコマース事業立ち上げに際してのクラウドソーシング活用事例

ある会社が新しいEコマースの事業を立ち上げる際のクラウドソーシング活用例です。必要となる業務のスキルはウェブの買い物システムの構築とサイトのデザインです。事業計画や商品開発などの人材は豊富でも、こうした分野にはなかなかコストを割けない企業の実情があります。そこで、社内ではPJリーダーとして1人の人間をアサインし、作業を細分化してクラウドソーシングで受注者を募ります。この場合、商品DBとのマッチングで2人、購入システムの構築で2人、ロゴ制作に1人、サイトデザイン全般として1人、としスタート時にはリーダー以下6人で開始できました。

もちろん、プロジェクト進行中に不測の追加業務などが発生しても修正は容易です。それも最初にクラウドソーシングを利用することで作業が細分化されているため、追加発注についても社内担当者の負担は少ないと言えます。

弁護士のクラウドソーシングサービス

前述したのが主流と言えるような使い方ですが、もう一つクラウドソーシング先進国アメリカのユニークな事例を紹介します。

それが弁護士のクラウドソーシングサービスです。訴訟大国とも言われるアメリカでは弁護士の活躍が非常に有名です。日本に比べると日常にもっと密着した仕事である弁護士は法律のエキスパートとして、単なる売買契約などでも頻繁に必要とされます。しかし、プロフェッショナルな仕事であるだけに一般の人にとっては費用がかさむことがネックでもあります。ここに需要を見いだしたのが「LegalMatch」というサービスです。多くの場面で必要とされるだけに、弁護士の数自体は非常に多いこともあり、簡単な案件を通常よりも安価で単発の業務として処理してもらえることが人気になっています。

受発注者双方の悩みを解決するクラウドソーシングの非常に優れた面を表していると言えるでしょう。