AWS(Amazon Web Service)

AWSとは

いまや多くのクラウドサービスが利用されていますが、なかでもAWS(Amazon Web Service)はIaaS(Infrastructure as a Service)において、さまざまな分野での多くの実績と、豊富なサービスを兼ね備えたクラウドサービスです。
AWSを利用することで、従来は高価なサーバーを自前で準備しなければならなかった大規模なシステム構成や高度な処理を低コストで効率的に利用することができます。

Webサービスの運用に最適なAWSの導入

AWS導入の大きなメリットには、高価なサーバーやOSなどのソフトウェアを準備することなく、次にあげるような豊富な機能から使いたいときに使いたいリソースを簡単に調達できることがあります。

AWSの主なサービス

Amazon EC2(Amazon Elastic Compute Cloud)

Amazon EC2は、自身が使用したいCPU、メモリ、OSなどを有した仮想ハードウェア環境(インスタンス)を簡単に構築できるAWSの代表的なサービスです。簡単なWeb上のインタフェースであるAWS マネジメントコンソールから必要なスペックやOSなどを選択、さらにセキュリティなどの必要な設定をクリックして選択することで、数分間で必要なインスタンスを準備できます。また利用料金はインスタンスが稼動している時間だけ課金され、停止している時間は一切費用がかかりません。さらにバックアップなどの対策も万全で費用対効果の高いサーバー環境を構築できます。

Amazon S3(Amazon Simple Storage Service)

Amazon S3は大容量のデータを安価かつ安全に格納できるインターネットストレージサービスです。これまで大容量の画像や映像を安全に格納するためには、自社もしくはデータセンター内に高価なストレージシステムの準備が必要でした。Amazon S3を利用すれば、ウェブ上のどこからでも容量に関係なくデータを格納・取得できる拡張性と安全性を兼ね備えたストレージシステムを安価に構築することができます。

Amazon VPC(Amazon Virtual Private Cloud)

Amazon VPCはAWS内に自社や組織独自のセキュアなネットワークを構築できるサービスです。これを利用することで利用者を限定したインスタンスへのアクセスや企業内のネットワークとの接続も実現します。

その他のAWSサービス

この他にも、AWSには各インスタンスの処理能力を、利用状況に応じて自動的に拡張・縮小できるAutoScalingや、Oracle、MySQLなどのデータベースを簡単に利用できるAmazon RDS、さらにHadoopを利用して高速なデータ処理を実施できるAmazon Map Reduceなど企業や組織のシステムに求められる豊富な機能を安価、効率的に調達することができます。

クラウド活用のメリットとデメリット

メリット

コスト

クラウドを利用すれば、システムを利用するビジネスサイズに合わせてシステムリソースを小刻みに拡張でき、結果的にトータルコストとしてのIT投資の最適化が実現できます。またシステムの導入にあわせてあらかじめハードウェアなどの資産を購入する必要がないことから、初期費用が最少化できます。

スケール

AWSのようなIaaSサービスの場合、データセンター、ネットワーク、ハードウェアに関する内容をクラウド事業者サイドであらかじめ準備しています。またSalesForceのようなPaaS(Platform as a Service)、やSaaS(SoftWare as a Service)に関してはOSはデータベースなどのミドルウェア、さらにはアプリケーションまでクラウド事業者から提供され、クラウドサービスの利用状況等により順次クラウド事業者サイドで拡張されます。これにより、これまで専任の管理者やベンダーなどに依頼していた事項がクラウド事業者から提供され、さらに複数企業で共有するためにトータルなスケールメリットを受けることができます。

デメリット

信頼性

企業や組織がシステムに求める可用性やセキュリティ要件によっては、クラウドよりも専用サーバーを設置したほうがいい場合も想定されます。特に24時間365日の安定稼動が求められるミッションクリティカルなシステムの場合などは十分に考慮が必要です。

従量課金

AWSをはじめとする多くのクラウドサービスは、使った分だけ課金される従量課金が原則です。また、簡単に環境を構築できることから、多くの環境を立ち上げたり、不用意に連続稼動させたりして結果的に高額な請求につながってしまうようなケースもあります。

スピード

AWSの場合、わずか数分で自社が求めるIT環境を準備できます。これにより従来専門の技術者で数週間かかっていた作業を大幅に短縮し、システムの稼動ひいてはビジネスのスタートアップまでの期間をスピードアップすることができます。

クラウドを活用したシステム開発

現在のシステム・サービスをクラウドに移行

今、国内の大企業も含めて、自社が保有する情報システム、サービスをクラウドに移行するケースが増加しています。これを実現するためには各システムに要求されるサービスレベルをクリアするためのクラウド活用に関するノウハウが重要です。

システムの中のクラウドに適した処理を切り出す

自社が保有するシステムからデータ解析やシミュレーションなど迅速な処理が求められる機能を切り出して、クラウドに移行するニーズも増加しています。

AWSを利用したクラウド活用の事例

ソーシャルゲームサイトにおける広告効果の集計への活用事例

スマートフォンの普及により、ソーシャルゲームの分野においても競争が激化しています。そのような状況において、利用者のアクセスログを適切に分析し、サイトの内容改善だけでなく広告媒体としての活用効果の訴求に活かすための取り組みが求められています。

それらを実現するためには、1日あたり約10億レコードにのぼる膨大なログを短時間で集計し分析する必要がありました。しかしながら従来これを実現するためには高いスペックのハードウェアを処理量の増加にあわせて迅速に準備し、ネットワーク回線も適宜増強を行うなど結果的にコストの増加が課題となっていました。

この課題を解決するために、この企業では必要なデータ処理量に対して適宜必要なリソースを柔軟に増減できるAmazon Elastic Map Reduceの活用を軸にこのシステムをAWSに移行し、ハードウェアやネットワーク回線にかかるコストの大幅な削減だけでなく、従来1日以上かかっていた処理を2時間で完了できるなど多大な効果をあげることができました。

近年、企業がもつ膨大かつさまざまなデータを適切に分析し、データ活用によりビジネスの変化の予兆をとらえ戦略に活かしていくビッグデータが注目され、広告やマーケティングの分野での利用が活発化しています。