アドテクニュース

【アドテクニュース】2019年12月16日号 – Yahoo!広告 ディスプレイ広告 API(β版)リリース完了 など

by EVERRISE DXブログ編集部

先週の注目プレスリリース

Gunosy、アプリ向け動画プラットフォーム「Vingo Ads」を提供 成果報酬課金で配信可能:MarkeZine(マーケジン)

https://markezine.jp/article/detail/32554

↓株式会社Gunosyのプレスリリースはこちら
https://gunosy.co.jp/news/196

LINE、広告サービスにおける横断的データ活用によって最適な広告配信を実現する機能「クロスターゲティング」の提供を開始

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001946.000001594.html

Twitterに投稿されたマンガを探せるサービス、ツイコミ(仮) における 広告収益分配プログラム (ベータテスト) のご案内

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000051553.html

API関連

【Yahoo!広告API:追記あり】Yahoo!広告 ディスプレイ広告 API(β版)リリースなどのお知らせ

https://biz.marketing.yahoo.co.jp/developercenter/news/784697/

■更新履歴:
2019年12月11日:Yahoo!広告 ディスプレイ広告 API(β版)のリリースを完了しました。
また、「Yahoo!広告 API概要説明資料」(PDFファイル)を更新しました。

新しいAPIのβ版が予定通り公開されました!

その他の記事

今週はおやすみです。

気になる広告コーナー

Yahoo! JAPAN じぶんCM

▼データ分析を基に、ユーザーによってクリエイティブの出し分けができる 新動画広告商品「Yahoo! JAPAN じぶんCM」

https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2019/12/06m/

「Yahoo! JAPAN じぶんCM」は、広告主が商品やサービスの動画広告を配信するうえで、あらかじめターゲットの趣味や嗜好にあわせた出演者や表現をデータ分析から導き出し、複数のクリエイティブを制作します。また、配信時にユーザーの属性や興味関心などにあわせ広告のクリエイティブを出し分けられます。これにより、同じ商品の動画広告でも見るユーザーによって、出演者や表現が変わる場合があり、ユーザーにとってより的確な動画広告が配信され、広告主にとってはユーザーに、より価値のある動画広告の配信が可能となります。

アイドルグループなどを起用して使うと面白いのかなと思いました。見ている方は、仕組みを知らない限りただのCMにしか見えませんね。

今の自分にはどんなクリエイティブが出るのか知りたかったのですが、この広告はいまだに見かけることができず。
筆者はターゲット外のようです…(´・ω・`)

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人:EVERRISE DXブログ編集部

「攻めのDX」をサポートする株式会社EVERRISEのブログです。