開発事例

アドサーバー(ADサーバー)の開発・構築

by EVERRISE DXブログ編集部

弊社EVERRISEでは、創業より10年以上続けてきたシステム開発の技術を用いて様々な開発をお手伝いしております。
特にDSPを始めとするアドテク関連の開発は最も多く経験しており、多くのお客様にご評価いただいております。

本記事ではアドサーバーの開発についてまとめています。

アドサーバーの構築

弊社では純広告販売(インプレッション保証)や、予算消化型広告販売(CPM・CPC単価入札)、DSP・SSPに対応したアドサーバーを開発いたします。機能をカスタマイズして実装することで、御社の運用に沿ったアドサーバーを構築します。

アドサーバーのソースコードライセンス販売

基本的な機能を標準装備したアドサーバーのソースコードライセンスを販売しています。
お客様の既存のシステムへの組み込みや、サービスマネタイズのための広告配信エンジンとしてご利用いただけます。
機能の拡張やカスタマイズもおまかせ下さい。

お客様のビジネスに合わせたご提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

アドサーバーを自社で所有するメリット

オリジナルアドサーバーを構築することで以下のようなメリットがあります。

媒体特性に合わせた広告メニューでサービスのマネタイズを実現

アプリやWebサービスの広告によるマネタイズは一般的ですが、特に成功しているサービスは自社でアドサーバーを保有しています。
アドサーバーを自社で持つことで、Facebook広告やTwitter広告、LINE Ads Platformのようにその媒体だけの行動や特性にあわせたより収益性の高い広告メニューを展開することができます。
媒体のユーザに合わせた広告を配信することで、嫌われがちな広告も媒体価値の向上につなげることも可能です。配信設定もクリエイティブも自由に選択できます。

配信ボリューム次第でコストダウンが可能

配信ボリュームが多い場合、OEMやレンタルアドサーバーと比較するとコストを抑えられるケースがあります。
自社保有のアドサーバーであれば、継続した利用料はかからないため、ランニングコストはサーバー費のみで使い続けることが出来ます。

自由にカスタマイズできる

ソースコードライセンス販売なので、ご購入後の改修・カスタマイズは自由です。
開発チームが社内にある場合はご自由にお使いいただけます。
弊社での開発ももちろん承ります。

自社保有しているオーディエンスデータなどを外に出さずに活用できる

例として携帯キャリアのユーザーデータ、アンケートデータを利用したターゲティングなどがあります。
また、利益率の高い商品や在庫の多い商品の広告を優先的に配信するなどの調整をリアルタイムで行い、より効率的なマーケティングが可能です。
御社にしか無いデータで、御社にしか出来ない広告配信を実現できます。
また、広告用DMPを利用することで、広告配信結果やサイトのユーザーデータの一切を他社に渡すこと無く、広告の配信が可能です。

アドサーバーの機能群

予算・配信管理

  • 純広告販売(インプレッション保証)
  • 予算消化型広告販売(CPM・CPC単価入札)
  • 上限予算設定機能
  • 配信ペースのコントロール
  • ロードブロッキング
  • データフィード機能

ターゲティング

  • リマーケティング機能
  • 位置情報ターゲティング
  • IPターゲティング
  • カテゴリ配信
  • デモグラフィック(属性)配信
  • ブロードリーチ配信

クリエイティブ

  • 基本クリエイティブ配信(画像・テキスト)
  • 拡張クリエイティブ配信(動画・リッチメディア)
  • インフィード(記事型)
  • ダイナミッククリエイティブ

タグ

  • 配信用Javascriptタグ・SDK生成
  • 計測用タグ・SDK生成
  • ログ集計・受信機能

管理画面

  • 運営者用管理画面
  • 広告主(代理店)管理画面(入稿・レポート等)
  • 媒体管理画面(広告枠管理・広告審査・レポート等)
  • API連携による他ツールからのデータ取得や自動化・最適化

上記は一例です。
これ以外にもお客様のご要望に合わせ開発が可能です。お気軽にお問い合わせください。

弊社開発実績

  • ECサイトとの連動で最適な広告を配信するアドサーバーの構築
  • O2O系のリワード広告関連のアドサーバー構築
  • インフィード広告+LPを生成する広告配信サーバーの構築

自社プロダクト

価値あるメディアのための、プライベートアドサーバー「ADmiral」のソースコードライセンス販売です。アドサーバーの基本的な機能は全て標準で実装されているため、すぐに運用を開始いただけます。

ADmiralをもとにしたカスタマイズ開発も承っておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

ADmiral(アドミラル)

ADmiral公式サイトはこちら

既存製品のカスタマイズ

APIを利用したDFP(DoubleClick for Publishers)のカスタマイズもお受けしております。
DFPカスタマイズにより、下記のようなことが実現可能です。

  • DFPを用いながら、独自ドメインでの広告配信
  • 独自管理画面を用いた運用の簡易化
  • 特殊フォーマットの広告出稿や特殊な計測

詳細はお問い合わせくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人:EVERRISE DXブログ編集部

「攻めのDX」をサポートする株式会社EVERRISEのブログです。