アドテク

データを見える化!Google Chartを使ってグラフを書こう その2

by EVERRISE DXブログ編集部

今回も、見直しエントリーです。

以前に書いたエントリーで「データを見える化!Google Chartを使ってグラフを書こう」があるのですが、検索エンジンからの流入で、地味に読まれ続けています。

ざっとチェックしたところ、リンク切れが多かったので、何でだろうと思い確認してみました。

PlayGroundが廃止されていた

例えば↓これとか。
http://code.google.com/apis/ajax/playground/?type=visualization

なるほど。どうやら「旧PlayGround」が廃止され、「OAuthPlayGround」に変更されたようですね。

URL:http://developers.google.com/oauthplayground/

しかも「Visualization」が無くなっている。これは、どうしろと・・・。

と思っていたら、よくよくヘルプページを確認したところ、別の確認ツールが用意されていました。

JSFiddleでサンプル確認が可能

以下のURLを開いてみてください。
http://developers.google.com/chart/interactive/docs/gallery/barchart?hl=ja#SimpleExample

このページに、【Code it yourself on JSFiddle】という青いボタンがありませんか?

それを押下すると、以前のPlayGroundと同様に、サンプルソースが記載されています。そのソース自体を修正して実行することも可能です。

※コードを変更して“Run”

JSFiddleとは?

今回のchartのサンプル表示に利用されている「JSFiddle」ですが、このサービスはなんだろう?と思い、こちらも調査してみました。
URL:http://jsfiddle.net/

jsfiddleとは、その場でjsコードを実行、動作テストできるツールで、人気のjsライブラリのjQueryの公式サイトでもバグを伝えるときはjsfiddleを使用して動作を見せるように薦められます。

抜粋元URL:http://kachibito.net/web-service/how-to-join-jsfiddle.html

だそうです。2009年末くらいから活動を開始しているようで、正式にリリースされたのは2010年あたりでしょうか。企業サービスではないようなので、詳細は不明です。

日本にも似たようなサービスで、Kayacさんのjsdo.it(http://jsdo.it/)があります。こちらも2010年(6月18日)リリースなので、似たようなタイミングで立ち上がったのでしょう。

どちらも、とてもよく出来たサービスです。まだ、使ったことが無い方は、利用してみてはいかがでしょうか?

今後のGoogle Chartの利用として

アニメーションチャート

各社様必要とする分析軸やデータ粒度が異なりますが、今後データ量が増えるにつれ、すべての条件で最適に見せる化するのは難しいです。そういった場合に、以下のようなアニメーションチャートを利用したりしても良いかもしれません。

http://developers.google.com/chart/interactive/docs/gallery/annotationchart

地図チャート

オンライン広告における位置情報の重要性は増しています。
結果表示や、分析のための表現方法など、まだまだ工夫できる余地があるかと思います。以下のような地図チャートを使って見ても良いかもしれません。

http://developers.google.com/chart/interactive/docs/gallery/geochart

まとめ

改めて過去のエントリーを読むと、アップデートが必要な場所が多いですね。

リンク切れや、誤情報などありましたら、下記URLの伊藤までご連絡いただけますと助かります。

https://www.facebook.com/takashi.itou.er

少しでもお役に立てれば幸いでございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人:EVERRISE DXブログ編集部

「攻めのDX」をサポートする株式会社EVERRISEのブログです。