アドテク

オンライン広告を効果的に活用するために知っておくべき商品メニュー

by EVERRISE DXブログ編集部

こんにちは!伊藤です。

今回は、オンライン広告の商品メニューについて、まとめてみました。メニューの数は、かなりあるので、全て説明する事は出来ません。ただし、いくつかの要素で分類することが出来ます。その分類だけ覚えてしまえば、大体の商品は理解出来ます。

では、さっそく、分類をご説明します。

予算種別

商品ごとに、予算の消化方法が違います。大雑把に分けると以下の二つに分かれます。

  • 定額型
  • 消化型

定額型は期間と表示回数を保証した商品で「1週間100万インプレッション保証30万円」といった売り方をされています。

消化型は従量課金の商品で「予算上限30万円で1回クリック毎に50円」といった売り方をされています。

課金形態別

上記でクリック課金を例示しましたが、課金の形態には3種類あります。

  • クリック課金
  • インプレッション課金
  • コンバージョン課金

それぞれ単価を決めて購入するのですが、インプレッション単価をCPM(Cost Per Mille ※milleは1000回の意味)、クリック単価をCPC(Cost Per Click)、コンバージョン単価をCPA(Cost Per Action ※actionはコンバージョンの別称です)と呼びます。

先ほどの例を言い直すと「予算上限30万円でCPC50円」となります。

素材別

素材は主に4つに分類されます。

  • テキスト
  • 画像
  • 動画
  • その他(上の3つに分類されない)

商品ごとに、テキストのみ出稿可能、動画のみ出稿可能、テキストと画像が出稿可能、何でも出稿可能といったように、出せる素材に制限がかかります。

表示デバイス別

表示デバイスは、以下の4つに分類されます。

  • PC
  • スマートフォン
  • モバイル
  • スマートフォンアプリ

デバイスが異なると、出稿する素材サイズや条件が異なったりします。

出稿条件別

出稿条件は、商品ごとに異なるといっても過言ではない要素ですが、大きく分けると3つに別れます。

  • メディアターゲティング
  • オーディエンスターゲティング
  • ターゲティングなし

メディアを限定するか、オーディエンス(ユーザ)を限定するか、まったく限定しないかの、どれかを選択出来ます。

ターゲティングありは高価ですが、配信効果は高くなります。

ターゲティングなしはユーザを選ばず広い範囲に広められますが、効果が低いです。

まとめ

いかがでしょうか?オンライン広告の商品メニューのイメージが付きましたでしょうか?

広告の目的に応じて、うまく使い分けると、効果が何倍も違ったりします。目的に応じた、商品の使い分けの詳細は次回以降にご紹介します。

アドテクに関するご相談はEVERRISE(エバーライズ)へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人:EVERRISE DXブログ編集部

「攻めのDX」をサポートする株式会社EVERRISEのブログです。