API連携

API連携とは?

API(アプリケーションプログラムインターフェイス)を利用して自社のシステムと他社のシステムとを連携したり、外部サービスから一部機能を呼び出したりすることをAPI連携と言います。これによって他サービスとの連携や、機能の組み込みを簡単に行うことができます。
API連携を実現するには高度な開発技術や、APIを提供しているサービス側の許可が必要な場合もあります。

API連携の例

APIを利用して以下のようなシステムと既存システムを自動連携させることができます。

広告媒体

・Facebook
・Twitter
・LINE
・Google AdWords(アドワーズ)
・DoubleClick for Publishers(DFP)
・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)
・スポンサードサーチ(YSS)

解析ツール

・Google Analytics

その他

・天気API
・地図API(Google Maps API等)
・Google APIs

自社のAPIを公開することも可能です

自社サービスのAPIを公開したい場合のAPI構築をいたします。他サービスにAPIを公開することで、ビジネスの幅をさらに広げることもできます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

一般的な活用事例

天気ターゲティング

天気APIを利用して取得した天候情報を元に、地域や時間帯を狙って広告を配信することができます。
雨の日クーポンや季節商品のPRに活用できます。

折込広告と地図情報システム

位置情報を取得できるAPIは、折り込み広告の配布先管理などに利用されています。

自社で所有するメリット

簡単に外部サービスとのシステム連携を実現

システムやサービスを構築する際、全機能を一から開発したり、他サービスと共同開発したりするには膨大なコストがかかります。
しかし、既存のサービスから公開されているAPIを利用することで簡単に外部サービスとの連携や、機能の呼び出しが可能となり、システムサービスの拡張を容易に実現できます。

大幅なコストカットを実現

API連携により各プラットフォームから自動でデータ取得することで、これまで手動でダウンロードやデータの編集などを行っていた作業コストを大幅に削減可能です。また、システムでの自動化によりミスや無駄のない業務が実現できます。

導入の流れ

1. ヒアリング

 お客様の抱えている課題や現状のヒアリングをいたします。

2. 実現案のご提案

 課題解決のために、カスタマイズ開発やフルスクラッチ開発などの最適な方法をご提案いたします。

3. 構築・カスタマイズ

 スケジュールに沿って開発を行います。

4. サーバー設定・動作テストなど

 実運用のための準備を行います。

5. 運用開始

 ご契約内容によっては運用後の保守・サポートなどを行います。

弊社開発実績

運用型広告レポート作成自動化ツールアドレポ

弊社が開発した「運用型広告レポート自動作成ツール アドレポ」では、Google AdWords、Yahoo!プロモーション広告、Facebookを始めとした多数の広告配信サービスをAPIによって連携しており、システムのコア機能となっています。

運用型広告レポート自動化ツール
アドレポ

アドレポは多数のプラットフォームにまたがる複雑なデータを一元管理し、レポートを自動生成できるツールです。リスティング広告、ディスプレイ広告、サイト解析などの結果数値を全てひとつのレポートにすることで、統合的な分析を実現します!

グループウェアシステムとのスケジュール連携や、共通認証系システムとの連携の実績もございます。
詳細はお問い合わせください。

サービス事業社・ITベンダーの皆様へ

各種ツールやサービスを提供される企業様にもテクノロジーを提供しております。

新規ツール・サービス開発の初期構築

既存ツール・サービスのメンテナンスサポート

既存ツール・サービスのパフォーマンスアップ(コストダウン)

詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

お名前 必須

メールアドレス 必須

件名

お問い合わせ内容 必須

個人情報の取り扱いについて 必須

弊社の個人情報に関する取り組みについてご確認いただき、同意いただける場合はチェックをして確認画面へお進みください。

03-5772-3346

[受付時間 9:00~18:00]
即日回答させていただきます!(※土日祝日の場合は翌営業日)
お見積りや資料請求などもお気軽にご連絡ください。