アクセス解析ツールの開発・構築

アクセス解析とは?

アクセス解析とは、対象サイト内でユーザーがどんな行動をとったか、どの流入経路から訪問したのか、などのデータを集計し解析することを言い、サイト解析、Web解析と表現することもあります。

アクセス解析を行うためにはアクセス解析ツールを導入する必要があります。ツールによってデータの測定方法が異なり、解析ツールとしてシェアの高いGoogle Analyticsなどで使われている『Webビーコン型』の他、『パケットキャプチャ型』、『サーバーログ型』などの測定方法があります。

アクセス解析の主な機能

以下のような機能を自由に組み合わせて開発いたします。

・クロスデバイス分析
・ヒートマップ分析
・アトリビューション分析
・コンバージョン経路分析
・ユーザー属性分析
・リアルタイム分析
・広告効果測定
・ページ遷移分析
・録画機能
・LP分析
・ABテスト

 
上記にない機能でも自由に開発が可能です。お気軽にお問い合わせください。

一般的な活用事例

◆DMPやCRMなど既存システムとの連携

◆オリジナル解析ツールのOEM提供

自社で所有するメリット

使用者に合わせた解析システム

既存サービスでも多機能なアクセス解析は可能ですが、機能が膨大すぎて操作性が低い、慣れるまでに時間がかかることが大半です。
オリジナル解析ツールを導入することで、取得データの種類やダッシュボードなどを最も使いやすい形に設計できます。
複雑な操作なしで重要なデータの確認を可能にし、KPI分析や施策に時間をかけることでサイトのユーザビリティ改善、コンバージョン最適化へと繋げます。

オリジナルDMPとの連携

オリジナルのDMPと連携することで、データの収集から分析までが1つのプラットフォームで実現します。
マーケティングプロセスをより効率化し、データ収集・分析から顧客へのアクションをスピーディに行えます。

大規模サイトの分析

月間1000万PVを超える規模のWebサービスサイト、ECサイトなどでは無料のアクセス解析ツールが使えないケースがあります。
その場合は大規模サイトに対応しているツールの有料プランに契約しなければなりませんが、弊社では有料ツールを利用するよりも安いコストでオリジナルツールを開発可能です。

導入の流れ

1. ヒアリング

 お客様の抱えている課題や現状のヒアリングをいたします。

2. 実現案のご提案

 課題解決のために、カスタマイズ開発やフルスクラッチ開発などの最適な方法をご提案いたします。

3. 構築・カスタマイズ

 スケジュールに沿って開発を行います。

4. サーバー設定・動作テストなど

 実運用のための準備を行います。

5. 運用開始

 ご契約内容によっては運用後の保守・サポートなどを行います。

弊社開発実績

TVCMの時間にあわせてサイト訪問効果を分析する解析ツールの開発実績がございます。
詳細はお問い合わせください。

サービス事業社・ITベンダーの皆様へ

各種ツールやサービスを提供される企業様にもテクノロジーを提供しております。

新規ツール・サービス開発の初期構築

既存ツール・サービスのメンテナンスサポート

既存ツール・サービスのパフォーマンスアップ(コストダウン)

詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

お名前 必須

メールアドレス 必須

件名

お問い合わせ内容 必須

個人情報の取り扱いについて 必須

弊社の個人情報に関する取り組みについてご確認いただき、同意いただける場合はチェックをして確認画面へお進みください。

03-5772-3346

[受付時間 9:00~18:00]
即日回答させていただきます!(※土日祝日の場合は翌営業日)
お見積りや資料請求などもお気軽にご連絡ください。