CDP(カスタマーデータプラットフォーム)「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」

インテグラルコアは、顧客のあらゆるデータを蓄積・管理するカスタマー・データ・プラットフォーム(CDP)です。

カスタマーデータプラットフォーム(CDP)とは?

「顧客を軸に、個々に紐付くあらゆる情報を集めて管理するプラットフォーム」です。
様々なデバイスから顧客情報を集め続け、それらを個人単位の情報に統合することで、マーケティング部門が顧客に関する情報を「収集・統合・蓄積」するためのデータ基盤となります。

4Rコミュニケーションを実現するプラットフォーム

高速データ処理によるリアルタイム処理と高いカスタマイズ性で顧客コミュニケーションとマーケティングの土台となります。
最終的に実現したい”4Rコミュニケーション”とは「狙い通りの相手に、適切なタイミングで、最適なチャネルで、正しいメッセージを届ける」ことです。

CDP / INTEGRAL-COREの特徴

リアルタイム性能

類似のツールカテゴリであるプライベートDMPなどに比べ、リアルタイムデータの処理性能に特徴があります。
理論値では数万〜数十万TPSのアクセスを処理できるアーキテクチャで構成されています。

マルチテナント機能

1社でCDPを導入するだけではなく、グループ企業様で連携して導入することも可能です。広告代理店様やコンサルティング企業様がクライアントに導入していただいたり、OEMの様な形で自社製品に組み込むことも可能です。

公式サイト

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」

詳細については公式ページをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせくださいませ。