NEWS ニュース

サービス

CDP「INTEGRAL-CORE」、エイジアのメール配信システム「WEBCAS e-mail」との連携開始

サイト・アプリ行動ログなどの顧客データを活用したメールマーケティングを実現

デジタルトランスフォーメーション(DX)のためのテクノロジー支援を行う株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田宏昌)は、当社で開発提供するCDP「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」が、マーケティングコミュニケーションシステムの提供や運用支援を行う株式会社エイジア (本社:東京都品川区、代表取締役:美濃和男、以下「エイジア」)が開発するメール配信システム「WEBCAS e-mail(ウェブキャス イーメール)」との連携を開始したことをお知らせいたします。

WEBCAS e-mail × INTEGRAL-CORE の連携について

INTEGRAL-COREで収集・蓄積・統合した顧客データから作成するセグメントを活用し、毎時300万通の大量高速配信を実現するWEBCAS e-mailによるメール配信が可能となります。

部署や部門ごとに管理されている顧客マスタ、Webサイト・アプリから取得した行動ログ、実店舗などオフラインでの購買データ、アンケートデータをINTEGRAL-CORE上で収集・統合し、セグメントを作成します。そのセグメントを対象にWEBCAS e-mailでのメール配信を行うことで、高度なメールマーケティングを実現します。
(セグメント例:特定の行動をとった顧客/優良顧客/高LTV顧客)

メール配信システムWEBCAS e-mailは、各企業の運用に合わせた多様なカスタマイズが可能となっており、INTEGRAL-COREによる柔軟な顧客データ管理とあわせて各企業に最適なメールマーケティングシステムを構築できます。

WEBCAS e-mailとの連携イメージ

CDP「INTEGRAL-CORE」(インテグラルコア)とは

CDP(カスタマーデータプラットフォーム=次世代DMP)とは、オンライン上の行動履歴、広告データ、オフライン実店舗での行動データなどを収集・統合し、顧客ひとり一人の姿を可視化するデータ基盤です。
広告配信などアクションの最適化、顧客理解、顧客体験向上(CX向上)、新しいビジネスモデル構築を進める上でハードルになる「データのサイロ化」を解決します。

【INTEGRAL-COREの特徴】

  • セグメントではなく「個客」単位の管理
  • リアルタイム高速処理で顧客の「今」を捉える
  • 様々な外部ツール(BI、MA、LPOなど)と柔軟に連携可能

INTEGRAL-COREの特徴

※サービス紹介動画や詳細は、下記ページよりご覧ください。
https://cdp-integral.com/

株式会社エイジアについて

メール配信システムを軸としたマーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの開発・販売をコアビジネスとして、CRM運用環境の整備から、メールコンテンツやWebアンケートのコンサルティング・制作までを手がけるCRM運用支援会社です。

社 名:株式会社エイジア
代表者:代表取締役  美濃 和男
所在地:東京都品川区西五反田7-20-9
設 立:1995年4月
資本金:3億2,242万円
上場証券取引所:東証一部(証券コード:2352)
URL:https://www.azia.jp/

会社概要

当社は、マーケティングの土台となる様々なテクノロジーをソフトウェアや情報システムなどの形で提供しています。 この分野はハイトラフィック、ビッグデータを扱いながら高可用性を実現する高度な技術を必要とし、対応できる企業が国内でも限られています。 収集した大量のデータをユーザーに紐づけ活用し、購買などに結びつけるための知見も合わせて提供しています。

社名:株式会社EVERRISE(エバーライズ)
代表者:代表取締役 倉田宏昌
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビルディング6F
設立:2006年7月
URL:https://www.ever-rise.co.jp/

問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、お問い合せフォームよりお願いいたします。