広告運用に必要不可欠なデータ分析のためのETLツール「HARBEST」、6月21日正式リリース

日々のデータ「収穫」を自動で行い、出力するETL(Extract Transform Load)ツール「HARBEST(ハーベスト)」を、2019年6月21日(金)、正式に提供開始します。

 一部のお客様に提供していた前身となるツールから12000件を超えるアカウントを引き継ぎ、すでにデータの取得転送を安定的に行なっています。また現在当社では、「HARBEST」からのデータを取り込み、マーケターの日常タスクを手助けするダッシュボード「pacy(パシー)」も開発中です。

※プレスリリースはこちら

HARBESTとは?

 広告運用などのマーケティング施策において、複数のチャネル・プラットフォームを利用することが当然になってきた今、それぞれから収集したデータをまとめて分析し、次の施策に生かしていくことが、必要不可欠になってきています。

 しかし、データ収集の作業には手間やコストがかかるために、PDCAが思うように回らない課題も発生しています。

 企業のマーケティングの高速化をミッションとする「HARBEST」は、リスティング広告やSNS広告、アクセス解析など、連携済みの多様なマーケティングプラットフォームから主にAPI連携によってデータ収集を自動で行い、希望の場所への出力を可能にするツールです。

機能

◆利用イメージ
・自社データ分析のためのデータ収集・整形ツールとしての利用
・マーケティングサービスを提供する企業が、サービス内のデータ収集エンジンとして利用

◆データ収集先となるプラットフォームの例 ※随時追加対応
Google Ads(YouTube対応)
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク
スポンサードサーチ
Twitter
Facebook(Instagram対応)
Google Analytics
Criteo

◆料金
基本料金10万円 +アカウント数に応じた費用

※お問い合わせ、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket