インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングは、ブログやWebコンテンツ、セミナーなどで情報発信をする中で自社を見つけてもらい、買い手側のアプローチから始まるセールスサイクルです。売り手側から直接の営業アプローチを仕掛けるアウトバウンドマーケティングとは正反対の手法となります。

買い手は課題や問題を持って売り手にコンタクトをとってきますので、それを活かさない手はありません。つまり、問い合わせ対応はとても重要なセールスチャンスと言えます。

インバウンドが注目されている理由

アウトバウンドに代表される従来のマーケティングの手法は、売り手から買い手にアプローチを仕掛けるという方法でした。例えば、新製品や新サービスの市場投入に合わせて、広告キャンペーンなどをうつといった方法です。これらは、買い手が欲するからではなく、売り手が自分たちの理由やタイミングで行い、さらに不特定多数に向けているものです。

しかし、インバウンドは、買い手側の行動が最初にきます。
検索サイトから何かしらの情報サイトを見つけ出したりする行動は、買い手側が欲求し行動を起こしています。つまり、インバウンドでは、すでに行動のベースになる何かしらの欲求があるということになり、それは上質の見込み顧客獲得につながります。

特に最近ではWebサイトだけでなく、ソーシャルメディアなどを含め様々な検索方法と情報の入手場所があり、買い手側が積極的に情報を探すようになってきました。そうなると売り手は、情報を探している人が自分たちの情報を見つけやすいようにするための強化策をネット上で行うことになるのです。

単なるビジターを見込み顧客に変える

インバウンドマーケティングを行う最初のステップは、見込み客が情報を探したときに、その目的に合ったコンテンツを見つけてもらうことです。

そのために強化すべきは、見つけてもらうコンテンツをいかに魅力的に見せるかという点にあります。目の前を通り過ぎてしまうコンテンツでは、立ち止まってはくれないのです。そして、そのあとに来るのが、情報提供と引き換えに顧客情報を獲得する仕組みの強化です。

よくあるPDFのダウンロードは、ダウンロードの最初のステップとして、メールアドレスの入力がある場合がほとんどです。メールアドレスから相手を特定できるので、メールアドレスの獲得は、とても大きな成果といえます。この情報の獲得によって、単なる訪問者が質の高い見込み顧客となるのです。

提供した情報によって見込み顧客は、商品やサービスを購入します。その後評価などを行い、ともすれば、口コミの口火を切る優良顧客になるかもしれません。
ソーシャルメディアで良い口コミが広まれば、それがそのままプロモーション活動になります。

ここまでの流れがインバウンドマーケティングということになります。コンテンツを含めた情報強化が必須ですが、チャレンジする価値は大いにあると言えるでしょう。