ATD(エージェンシートレーディングデスク/Agency Trading Desk)

ATDとは

ATD(エージェンシートレーディングデスク/Agency Trading Desk)とは、さまざまな広告出稿プラットフォームを、横断的に運用するための組織・サービス、およびシステムのことを指します。しかし、広告出稿プラットフォームごとにシステム面での制約があるため、完全に一つに統合できるシステムはいまだに存在していません。
ただし、広告代理店や広告主からは、強く求められているサービスでもあります。

ATDを導入する一般的なメリット

ATDを導入すれば広告の運用が一本化でき、運用コストが下がります。
運用コストが下がれば、その分さまざまな出稿パターンのテストなどが可能になり、結果的に広告効果の向上を狙えます。
また、広告予算の効率的な運用が可能になります。