アドテク

インタラクティブ広告とは?一歩先を行くオンライン広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
インタラクティブ広告とは?一歩先を行くオンライン広告

オンライン広告でのインタラクティブ広告(素材)についてご紹介します。

最後には、インタラクティブ広告の現状での問題点や、代表的なインタラクティブ広告の例も提示しています。

そもそもインタラクティブ広告って何?

wikipedia の「インターネット広告」の項目内で、インタラクティブ広告について以下のように定義されています。

インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。

(省略)

インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって
従来のマスメディアではできなかった深いコミュニケーションが取れる点を指す。

広義で解釈すると、インタラクティブ広告とは、インターネット(オンライン)広告そのものを表しています。
代表的な例としては、リスティング広告やリターゲティング広告など、ユーザのアクションに連動して表示される広告でしょう。

2013年10月16日参照

ただし、最近流行している「インタラクティブ広告」はもうちょっと狭義で扱われる場合が多いです。

ここでの定義としては、「静的な広告との対比で表現された広告素材(ビデオやゲームコンテンツ)が広告枠に配信されること」とします。

インタラクティブ広告がなぜ注目されているか?

いままでのオンライン広告の目的は、企業や商品の認知度をあげることでした。
そのため「いかに人の目に触れさせて、いかに興味を沸かせるか?」が焦点でした。

しかし、最近のオンライン広告は、その領域を超えて「ユーザの理解をより深め、フィードバックを得る広告」へと進化しています。

大別すると以下の3つです。

  1. 宣伝対象(コンセプト)を楽しんでもらえる
  2. 広告が口コミで広げられる
  3. ユーザがアクションを選択できる

それぞれ、概要を説明します。

1.宣伝対象(コンセプト)を楽しんでもらえる

広告枠(または遷移後のページ)にゲームやちょっとした動的コンテンツを仕込むことで、楽しみつつ商品やコンセプトの理解度が深まっていきます。
たとえば、商品関連のクイズに答えるとクーポンが手に入るとか、パズルをクリアすると壁紙画像が貰えるなどです。

2.広告が口コミで広げられる

点数を競うゲームの結果、性格診断などの結果など、ついついSNSへ呟きたくなるものです。
その結果、口コミ効果で通常の広告以上に効果が上がるケースがあります。

3.ユーザがアクションを選択できる

広告によりユーザの誘導は、インプレッション→クリック→コンバージョンというのが通常です。
このインプレッションとクリックの間に、ユーザによるアクションが入ります。
そのすることで、広告ごとに異なる(最適な)効果計測をすることが出来ます。

インタラクティブ広告の技術的問題

広告素材のファイルサイズが、どうしても大きくなりがちです。
コンテンツを配信するサーバは、技術的に遅延を回避することが可能ですが、メディア自体が重くなってしまうケースがあります。

また、動的なコンテンツを実現するため、技術的にやや複雑なものを利用するケースがほとんどです。
結果、見ている環境(OS、ブラウザ)によっては、正しく動作しないケースがあります。

広告はあくまで脇役で、主役はメディアです。
メディア価値を毀損するような広告は、結果的にマイナスになります。

上記したリスクを把握し、細心の注意を払って、配信していく必要があります。

インタラクティブ広告の例

IKEA. Unbox the Banner

3D Video Cube

Interactive Video

 

EVERRISE では、インタラクティブな広告配信の実現をサポートすることが可能です。ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

HARBEST
  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CDP INTEGRAL-CORE