これがバイク天国ベトナムだ!日本人が驚くホーチミンの交通事情!

ベトナムに初めて来たとき、私たち日本人がまず驚かされるのがバイクの洪水! 道幅を埋め尽くすように走るバイクの群れは圧巻です。今回はベトナムを語る上で外せないバイク事情を紹介したいと思います!

夜のバイクラッシュ

photo: Betchaboy

p>

道路の主役はバイク

日本と違い生活の足となっているのはもっぱらバイクです。道路を走っているおよそ8割がバイク、2割がタクシーやバスなどの自動車、ときたま自転車といった感じです。スピードは30キロ程度。ちょっと早い自転車程度の速さでみんな運転しています。横断歩道がほとんどないため、適当な場所で道路を横断することになるのですがスピードが遅いため慣れてしまうと意外と怖くないです。

そんなバイクのほとんどはホンダ、ヤマハ、スズキといった日本企業が占めています。特にホンダはすごく、バイクはすべてホンダといわれるほどの知名度(スズキなどはスズキのホンダ!)。海外で親しまれている日本企業を見ると日本人として誇らしくなってしまいますね。

また、現地のベトナム人にとって、良いバイクに乗ってることはステータスにもなります。ベトナムでは高給取りに位置づけされるシステムエンジニア・プログラマーの弊社スタッフの中には、なかなか良いバイクに乗ってる子もいたりします。

Honda

通勤ラッシュ

スピードが遅いためか朝は渋滞がよく起こっています。また郊外ではまだインフラの整備がおいついていないので、パンクなどのトラブルも起こりやすいです。そのため現地スタッフが遅刻してしまうことが多くあります。

EVRRRISEではそういった交通事情を考慮してオフショア開発を進めており、朝は渋滞を前提とした時間に出勤するように教育を行なっています。

道路

現地の人で道を歩いている人はほとんどいません。たいていは観光客などの外国人。なので道を歩いているとすぐに客引きやバイクタクシーのおっちゃんたちに声を掛けられてしまいます。

また信号付きの横断歩道もほとんどありません。そのためバイクが忙しく行き交ってる中を横断するのですが、ベトナムライダーは妙にアジャイルされた動きで人をかわしてくれるので意外と危険は少ないですね。
特に、オフショア開発の拠点として熱いホーチミンは外国人の比率も多く、ベトナムに慣れていない外国人の横断者を避ける技術が磨かれているのかもしれません。

外国人の足はタクシー

バイクに比べれば普及率は低いですが、ホーチミン市内では多くのタクシーが走っています。場所にもよりますが3分もあれば捕まえることができるはずです。初乗りは11,000ドン(約50円)、10分ほどの距離なら50,000ドン(約250円)。非常にお財布に優しい価格。場所を伝えるのは言葉では難しいので、紙に書いて渡して上げると確実ですね。食事したり、買い物したりちょっとした場所に出かけるときの心強い味方です。

ただしボッタクリのタクシーも存在しているので注意が必要です。特に空港付近は危険地帯です(私も引っかかってしまいました…)。白いVinasun(ビナサン)と緑のMailinh(メイリン)というタクシーグループであればどこでも安心安全。空港1階の到着ロビーでは見つかりにくいので、2階の出発ロビーまで行って捕まえるのがお勧めです。

VINASUN

ビナサンタクシー

メイリンタクシー

メイリンタクシー

ベトナム交通ルール

日本とはちょっと違っている交通事情。その違いを少しピックアップしてみます。

1.車線の制限

ベトナムではクルマやバイクごとに走ってよい車線が決まっています。バイクの場合は2車線の場合は右車線、3車線以上は1・2車線となります。基本一番右はバイクの車線なので、バイクは一番右側を走る、と覚えておけばいいですね。

2.一方通行の多さ

バイクが多いためか、いたるところが一方通行となっています。間違って逆走してしまうと捕まることよりも向かってくるバイクが多くてとても危険です。初めてその道を通るときはバイクの流れをよく見て走る必要があります。

3.歩行者優先じゃなくクルマ優先

日本だと歩行者優先。これが当たり前ですがベトナムでは違います。道路に対する占有率が高く、スピードもあるためバスなどの大型車の走行が最優先になってしまっています。

道路を渡るときなど日本と同じ感覚でいると危険なので注意しましょう。

4.子どもは乗車人数に含まれない

ベトナムではバイクの3人、はては4人乗りまでよく見かけます。これはベトナムでも通常は違法なのですが、子どもは2人までは乗車人数に含まれないという変わったルールがあります。
日本人の感覚からすると首をかしげてしまいますが、家族で移動するためにはこういった特例が必要なのかもしれません。クルマよりもバイクが普及しているこの国ならではのルールではないでしょうか。

5人乗りバイク

日本人駐在員が免許を取るには

ベトナムで長期に暮らしているとやはりバイクが欲しくなってきます。特に会社と家が離れている駐在員の方の場合、毎回タクシーを利用するのはちょっと億劫なもの。現地のスタッフもほとんどがバイクで行動しているのでコミュニケーションを深めるためにも、自由に動き回れる足が欲しくなってきます。バイクで走っていると普段とはまた違った風景が見えてくるので、ベトナム生活でのモチベーションを維持にもバイクは必要不可欠なツールと言えます!

ベトナムは国際免許の条約を日本の結んでいないので国際免許を取っていても通用しません。そのかわり日本の免許からの書き換えが可能で、手続きをすることでベトナム免許を取得出来ます。

免許証の書き換えに必要な書類は、

  1. 1.ホーチミン交通局にある申請書
  2. 2.パスポート
  3. 3.日本の免許証(翻訳したもの)
  4. 4.申請用の写真

になります。

免許証の翻訳はホーチミン市役所で翻訳をお願いすれば数日で完了します。あとは書類を交通局の窓口に提出すれば10日程度で受け取ることができます。
手続き自体は非常にシンプル! ベトナム免許を取得して心置きなくベトナムライフを楽しみましょう!

まとめ

ベトナムはバイク天国、バイクが道路の主役!
足のない外国人はタクシーが生命線!
日本との交通ルールの違いは多いので注意しよう!
簡単手続きで免許取得、これであなたもベトナムライダー!

それでは今回はこの辺りで! 「ホムナイコーレン!」

ベトナムオフショア開発、ラボ型開発はEVERRISE(エバーライズ)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2013/08/05 | ベトナム

関連記事

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

ホーチミンオフィスの最近やっとスプーンの使い方がわかってきた山崎です。...

記事を読む

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

皆さんこんにちは! 今回は気になるベトナム人エンジニアの給与例を...

記事を読む

no image

ベトナム進出を考えている企業が必ず知っておくべきこと

成長著しいベトナムではまだまだ日本企業の進出ラッシュが続いています。中...

記事を読む

オフショア開発で問題になる休日の違い 〜 ベトナムの旧正月の場合

シンチャオ! 日本ではお正月ボケもすっかり抜けて通常営業...

記事を読む

ベトナムの成長を支える情報システム系大学事情

初めまして、ベトと申します。IT通訳者をしています。 今...

記事を読む

新着記事

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

ホーチミンオフィスの最近やっとスプーンの使い方がわかってきた山崎です。...

記事を読む

知っておきたいベトナム旧正月-Tết-

あけましておめでとう...

記事を読む

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

皆さんこんにちは! 今回は気になるベトナム人エンジニアの給与例を...

記事を読む

ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ

ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ

EVERRISE Vietnam 現地駐在している山崎です。主に社...

記事を読む

若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと

若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと

今回は弊社のオフショア開発オフィスがあるベトナムへ短期出張してみて感じ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?
日本とベトナムの時差はオフショア開発にどう影響する?

ホーチミンオフィスの最近やっとスプーンの使い方がわかってきた山崎です。...

知っておきたいベトナム旧正月-Tết-

あけましておめでとう...

ベトナム人エンジニアの給与を大公開!
ベトナム人エンジニアの給与を大公開!

皆さんこんにちは! 今回は気になるベトナム人エンジニアの給与例を...

ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ
ベトナムオフショアでの新しい技術の導入あれこれ

EVERRISE Vietnam 現地駐在している山崎です。主に社...

若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと
若手エンジニアがベトナムのクオリティ向上に来て感じたこと

今回は弊社のオフショア開発オフィスがあるベトナムへ短期出張してみて感じ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑