CDPでの360°顧客分析|BIツール連携で拡がるデータの可視化

CDPでの360°顧客分析|BIツール連携で拡がるデータの可視化

製品やサービスを向上させて売上に繋げるには、顧客の嗜好や行動に関するデータを収集し、深く分析して顧客のニーズを捉えていくことが必要不可欠です。そのために、顧客データを一元管理し、分析や施策に繋げられるCDPが注目されていますが「CDPで実際にどのような分析ができるのか」「BIツールとの違いは何なのか」疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

本資料では、CDPで実現できる顧客分析について紹介します。360°分析から、BIツールとの連携によって拡がるさまざまな分析手法も公開してますので、ぜひご活用ください。

こんな方におすすめ

  • CDPでどのような分析ができるか知りたい
  • より深く正しい分析を行い、顧客のニーズを探っていきたい
  • 施策の効果を可視化し、スピーディーな意思決定を行いたい
  • 新サービスや商品開発へのヒントとなるデータが欲しい

内容一部紹介

1人の顧客を深掘りする360°顧客分析

  • 360°顧客分析(n1分析)とは
  • 360°顧客分析をするために必要なこと

360°顧客分析のためにCDP「INTEGRAL-CORE」が備える機能

  • SCV機能
  • スコアリング設定
  • リアルタイムデータの活用 など

INTEGRAL-CORE × BI連携で拡がる顧客分析

  • n1分析以外の顧客分析
  • BI連携のためにINTEGRAL-COREが備える機能

INTEGRAL-CORE × BI連携での5つの分析例

  • 行動トレンド分析
  • セグメンテーション分析(クラスタ分析) など

分析結果をもとにした施策の実施

  • 連携ツール
  • 顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーション

CDP「INTEGRAL-CORE」を利用した顧客分析の事例

  • 支援実績