SYSTEM
INTEGRATION
システム開発
DATA ANALYSIS SYSTEM データ解析・分析基盤開発

データ分析基盤の必要性 データ分析基盤の必要性

スピーディーで的確な意思決定を行うために、統合データを用いたBIによるデータの可視化は有効です。 BIツールの導入自体が進んでいる一方で、上手く活用できていないケースも多く存在します。 主にボトルネックとなるのは統合データの作成とレポート表示のスピードです。
EVERRISEでは、データ統合やレポートにあわせたデータマートの作成、SQLのパフォーマンス・チューニング等、 適切なデータ分析の実現に向けた支援を行います。

EVERRISEができること EVERRISEができること

  • 01収集・統合

    今後は扱うデータが莫大に増えていき、データの種類も豊富になっていくと言われています。 月に数ギガバイト程度の負荷にしか耐えることができないシステムではデータを思うように活用できません。 大量・多種類のデータが発生することを前提にビッグデータ基盤を開発し、企業のデータ活用を後押しします。

  • 02データの加工

    目的に合わせたデータの可視化や分析・解析を行えるようにすることを目的として、ダッシュボード・レポートに合わせたデータマートを構築します。

  • 03導入後の運用・保守

    構築した分析基盤の安定稼働のための監視、新たなデータソースの追加、より詳細な分析を目的としたデータの抽出や整形など、 SQLを用いた作業の代行を行います。

EVERRISEが選ばれる理由 EVERRISEが選ばれる理由

2006年創業のEVERRISEは、インターネット広告基盤(アドテク)開発をはじめとしたデジタルマーケティング領域における開発を多数手がけており、 「超大量アクセス」「超大量データ」「高可用性」のシステム構築を最も得意としています。
15年以上のシステム開発経験における技術力をもとに、課題に合わせたソリューションをご提案します。

導入までの流れ 導入までの流れ

  1. 01
    現状の分析と要件定義

    現状ヒアリング
    システム・データ要件定義

    想定人数:1~2名
    想定期間:1~2ヵ月

  2. 02
    設計

    基本設計
    詳細設計

    想定人数:1~2名
    想定期間:1~2ヵ月

  3. 03
    開発・テスト

    プロトタイプ作成
    レビュー・改善
    テスト

    想定人数:1~4名
    想定期間:1~3ヵ月

  4. 04
    導入後の支援

    運用保守サポート
    SQLの作業代行