カテゴリ プレスリリース

CDP「INTEGRAL-CORE」がターゲットメディア株式会社にて導入されます

2017年11月21日株式会社EVERRISE 株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田 宏昌、以下 当社)は、顧客のあらゆるデータを管理するCDP(カスタマーデータプラットフォーム)、「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」を提供しております。この度、「INTEGRAL-CORE」が、BtoBマーケティング支援やプラットフォーム事業を展開するターゲットメディア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐竹正臣、以下 ターゲットメディア社)にて導入されることをお知らせいたします。 INTEGRAL-COREは、顧客に関する膨大なデータをリアルタイムに処理・蓄積するプラットフォームです。マーケティング基盤としての利用を想定して設計されており、CRMシステムや広告データ、ユーザー行動ログといった企業内データはもちろん、サードパーティデータなどの社外データの取り込みや、オンライン・オフラインデータの統合をします。企業に合わせた自由なカスタマイズが可能で、小規模運用からのスタートや、ペタバイト(PB)クラスのデータを蓄積するケースまで、幅広く対応いたします。 CDP導入による顧客データの活用 ターゲットメディア社では、マーケティング資料や広告媒体資料のダウンロードサイト「マーケメディア(http://www.marke-media.net/)」を運営しており、マーケターと資料提供企業双方への情報支援を行っています。 同社は、マーケメディア上のユーザー行動の蓄積基盤としてINTEGRAL-COREを導入しました。INTEGRAL-COREへ蓄積された情報により、新たに以下の2つを実現することが可能となりました。 [レコメンデーション機能] 会員の行動履歴や属性情報をもとに、約4,000の資料からユーザーの興味分野に即した資料を推奨する機能を実装。潜在的なニーズを満たす資料との接触機会を創出。 [提供リード情報のリッチ化] リードごとの温度感や興味分野を、CDPに蓄積した行動履歴から可視化。 会社名や担当者名などの表面的な情報だけではなく、付加価値の高いデータとして提供。 ターゲットメディア様のコメント リード情報の付加価値を高める目的で、データ蓄積やセッション構築ができるデータプラットフォームを探していました。 従来の「コンバージョンしたタイミングのみの情報(点型情報)」から、前後の行動を把握し「”温度感”や”興味関心”を内包した情報(線型情報)」をリード情報として提供したいと考え、「メディアがセッション情報をもつこと = ユーザーやパートナー企業の様々な可能性の拡大」を再認識しました。その中で、自由度の高いセッション管理を構築できるINTEGRAL-COREの導入に至りました。 今後は他のビジネス向けITサービス(メディア・企業DB・名刺管理・MA・SFAなど)ともセッションを通じたサービスの開発ができればと考えております。 製品紹介 ・INTEGRAL-COREについて 当社が提供するCDP(カスタマーデータプラットフォーム)「INTEGRAL-CORE」は、お客様に合わせたカスタマイズが可能な柔軟性と拡張性を備えており、データを蓄積しながらリアルタイムに活用できるのが特徴です。 ・CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは 顧客データを蓄積するためのプラットフォームです。DMP(データマネジメントプラットフォーム)では、ウェブ行動履歴などのデジタルデータ、ERPやCRMといった社内データ、SNSやジオデータなどの外部データを統合して意思決定や業務改善に役立てますが、その「顧客情報管理」に特化したものをCDP(カスタマーデータプラ ットフォーム)と呼びます。 ・製品概要 製品名   :INTEGRAL-CORE(インテグラルコア) サービス形態:クラウドサービス 料金    :お問い合わせください URL    :https://www.ever-rise.co.jp/service/product/integral-core.html セミナー登壇情報 下記イベント内のセミナーにて、ターゲットメディア社 取締役 松原氏と弊社取締役の伊藤が登壇します。 セミナーでは本プレスリリースにてご紹介したターゲットメディア社におけるCDP導入の背景や、CDPの今後の展望についてを対談形式でご紹介いたします。 イベント名: Marketing Special DAY(https://www.marke-media.net/seminar/marketing_sp3/) テーマ  : Action & Achievement~実行可能かつ本当に成果につながる手法・取り組みを知る~ 日時   : 2017年12月7日(木) 10:00~18:45 主催   : ターゲットメディア株式会社 会場   : ベルサール六本木コンファレンスセンター        〒106-0032 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー9F ターゲットメディア社について ターゲットメディア社は広告・マーケティング業界、IT・クラウド業界を中心に創業以来300社以上のマーケティング支援を行ってきた、BtoB専門のマーケティングソリューションカンパニーです。また、リード獲得のサポートを行うプラットフォームの開発・提供も行っています。 ・会社概要 商号  : ターゲットメディア株式会社 代表者 : 代表取締役 佐竹正臣 所在地 : 〒160-0004 東京都新宿区四谷4-1 細井ビル2F 設立  : 2009年6月 事業内容: BtoBマーケティング事業、プラットフォーム事業 URL  : http://www.tmedia.co.jp/ EVERRISEについて 当社は、広告代理店やインターネットでマーケティングを行う企業に対して、デジタルマーケティングに関する技術をソフトウェアや情報システム等の形で提供しております。この分野は高度な技術を必要とし、対応できる企業が国内でも限られています。当社は、こうした数少ないデジタルマーケティングITに関するリーディングカンパニーです。 ・会社概要 商号  : 株式会社EVERRISE(エバーライズ) 代表者 : 代表取締役 倉田宏昌 所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル3F 設立  : 2006年7月 事業内容: アドプラットフォーム開発、マーケティングテクノロジー開発 本件に関するお問い合わせはこちら

プライベートアドサーバー「ADmiral(アドミラル)」、INTEGRAL-COREと接続

2017年10月16日株式会社EVERRISE 株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田 宏昌、以下 当社)は、プライベートアドサーバー「ADmiral」と、同社の提供するCDP「INTEGRAL-CORE」との接続を開始しました。本連携により「ADmiral」は「INTEGRAL-CORE」が蓄積するオーディエンスデータを活用した、より多様な広告配信を実現します。 ◆「プライベートアドサーバー」と「CDP」でメディア収益を最大化 昨今、誰もが簡単にインターネット広告配信ができるシステムが確立される一方、画一的なプラットフォームによって配信形式が限られ、メディア独自広告配信が難しい実情があります。 他社の広告配信プラットフォームに依存せず、メディアが独自にアドサーバーを保有し、独自のデータで、自由な広告配信をするというコンセプトで作られたのが当社のプライベートアドサーバー「ADmiral」です。また、同じく当社の開発したCDP(カスタマーデータプラットフォーム)INTEGRAL-COREとの連携により、データを最大限に活用した広告配信が可能になります。 多岐に渡るメディアや媒体がそれぞれのユーザーへ適切な広告を配信することで、媒体価値の向上と広告収益の拡大を実現します。 ◆CDP「INTEGRAL-CORE」との接続によるシームレスなデータ連携が鍵 最低限のコストで導入可能 CDP(カスタマーデータプラットフォーム)「INTEGRAL-CORE」をADmiralのために最適化しているため、シームレスな連携が可能です。本来ならば接続にかかる初期コストも、運用の手間も最低限に抑えることができます。外部接続先のデータも、既に接続の開発あが完了しているため、オプションを選択いただくだけですぐにご利用いただけます。 CDPの導入でメディアはオーディエンスを的確に把握 ADmiralとINTEGRAL-COREを連携する事で、メディアは自らのオーディエンスデータを漏らすことなく蓄積し、オーディエンスを的確に把握し、それらを広告配信に活用する事が可能となります。 また、CDPは外部の様々なデータソースと連携してデータを収集・蓄積し、リアルタイムで活用可能な状態に整理します。自社のファーストパーティ-データと、外部の膨大なデータをかけ合わせ、使い方によっては巨大な広告配信プラットフォームも持ち得ない価値のあるデータを活用できるようになります。 ◆プライベートアドサーバー「ADmiral(アドミラル)」製品紹介 独自に保有し、独自のデータで、自由な広告配信を可能にするというコンセプトのアドサーバー製品です。ソースコードライセンス販売のため、自由にカスタマイズいただけます。メディアの広告収益化の他、アドネットワークや、DSP/SSPの構築等にも利用可能です。 URL:https://ad-miral.com/ サービス形態:ソースコードライセンス販売(サーバー設置代行・保守契約もあり) ◆CDP「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」製品紹介 CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは DMP(データマネジメントプラットフォーム)では、ウェブ行動履歴などのデジタルデータ、ERPやCRMといった社内データ、SNSやジオデータなどの外部データを統合して意思決定や業務改善に役立てますが、その顧客情報管理に特化したものをCDP(カスタマーデータプラ ットフォーム)と呼びます。 INTEGRAL-COREとは INTEGRAL-COREは当社が提供する顧客のあらゆるデータを蓄積、統合、管理するCDP(カスタマーデータプラットフォーム)です。お客様に合わせたカスタマイズが可能な柔軟性と拡張性、データを蓄積しながらリアルタイムで活用が可能な点が特徴です。 URL:https://www.ever-rise.co.jp/service/product/integral-core.html サービス形態:ソースコードライセンス販売及びクラウドサービス ◆株式会社EVERRISEについて 当社は、広告代理店やインターネットでマーケティングを行う企業に対して、デジタルマーケティングに関する技術をソフトウェアや情報システム等の形で提供しております。 この分野は高度な技術を必要とし、対応できる企業が国内でも限られています。 当社は、こうした数少ないデジタルマーケティングITに関するリーディングカンパニーです。 ◆株式会社EVERRISE 概要 商号 : 株式会社EVERRISE(エバーライズ) 代表者 : 代表取締役 倉田宏昌 所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル3F 設立 : 2006年7月 事業内容 : アドプラットフォーム開発、マーケティングテクノロジー開発 資本金 : 3,496万円 URL : https://www.ever-rise.co.jp/ 本件に関するお問い合わせ 株式会社EVERRISE 広報担当 堀井 TEL:03-5772-3346 お問い合わせフォームはこちら

カスタマーデータプラットフォーム「INTEGRAL-CORE」、株式会社ビデオリサーチにて導入開始

2017年10月12日株式会社EVERRISE 株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田 宏昌、以下 当社)は、顧客のあらゆるデータを管理するカスタマーデータプラットフォーム(CDP)、「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」を提供しております。この度、「INTEGRAL-CORE」が株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 讓、以下 ビデオリサーチ社)にて導入されたことをお知らせいたします。 INTEGRAL-COREは、顧客に関するデータをリアルタイムに蓄積できるプラットフォームです。マーケティング基盤としての利用を想定して設計されており、CRMシステムや広告データ、ユーザー行動ログといった企業内データはもちろん、オーディエンスデータを始めとしたサードパーティデータなどの社外データを統合します。また、企業に合わせた使い方を実現するための基本機能とアーキテクチャを備えており、ソースコードの自社保有と自由なカスタマイズが可能となっています。 ◆「個客」の情報管理基盤 INTEGRAL-COREでの顧客情報管理は、セグメントではなく「個客」単位でも行うことができます。データのリアルタイム高速処理によって顧客ひとりひとりの情報を統合し、顧客の「今」を捉えることが可能になります。 ビデオリサーチ社は、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、屋外メディア、インターネットなどの各種メディアリサーチサービス、および消費者動向や商品力の市場調査、世論調査などのマーケティングリサーチサービスを幅広く手掛け、複合的なソリューションを提供しています。 今回の導入によってビデオリサーチ社は、同社が保有するテレビ視聴データをはじめとしたメディアデータおよびプロフィールデータを、企業様保有の各種データと連結・統合し、付加価値をつけるデータ統合ソリューション「VR LINC(ブイアール リンク)」(https://www.videor.co.jp/digestplus/title/2017/10/5997.html)の中で、INTEGRAL-COREのデータ蓄積機能を基に構築した自社独自の「VR LINC」DMPの運用を開始します。 ◆基盤としてのINTEGRAL-CORE採用の背景 ビデオリサーチ社はテレビを始めとした様々なメディアの情報と、市場調査結果を扱ってきました。メディアとメディア、オンラインとオフラインを繋いだデータを活用することについて兼ねてより重要視していたビデオリサーチ社は、社内に存在する膨大なデータを統合管理できるデータ蓄積基盤を探し求めていました。 INTEGRAL-COREはソースコードを完全自社保有できるため、運用開始後の自由なカスタマイズとセキュリティが確保されます。また、すでに社内に組み込まれているシステムにも、外部のツールにも連携が容易になっています。ビデオリサーチ社は、INTEGRAL-COREのこれらの特徴が、今後データの利用方法に合わせて使い方を変化させていく必要のあるVR LINC DMPにとって最適と判断し、導入に至りました。 データ収集のイメージ図 ◆VR LINCの今後の展望 ビデオリサーチ社はVR LINCによって、これまでは単体で収集・供給されることの多かったデータを紐付け、新しい価値が生み出されることを期待しています。 ◆「INTEGRAL-CORE」について サービス名:INTEGRAL-CORE(インテグラルコア) 契約形態:ソースコードライセンス販売、クラウドサービス URL: https://www.ever-rise.co.jp/service/product/integral-core.html 利用料金: お問い合わせください ◆株式会社ビデオリサーチについて 国内唯一の「テレビ視聴率調査」をはじめとするメディアリサーチ、マーケティングリサーチなどの調査結果の提供や分析を行っている総合リサーチ企業です。 商号 : 株式会社ビデオリサーチ 代表者 : 代表取締役社長 加藤 讓 所在地 : 〒102-0075 東京都千代田区三番町6-17 設立 : 1962年9月20日 事業内容 :各種メディアリサーチサービス、マーケティングリサーチサービス 資本金 : 2億2,050万円 URL : https://www.videor.co.jp/index.htm ◆株式会社EVERRISE(エバーライズ)について 当社は、広告代理店やインターネットでマーケティングを行う企業に対して、デジタルマーケティングに関する技術をソフトウェアや情報システム等の形で提供しています。この分野は高度な技術を必要とし、対応できる企業が国内でも限られています。 当社は、こうした数少ないデジタルマーケティングITに関するリーディングカンパニーです。 商号 : 株式会社EVERRISE(エバーライズ) 代表者 : 代表取締役 倉田宏昌 所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル3F 設立 : 2006年7月 事業内容 : マーケティングテクノロジー開発、アドプラットフォーム開発 資本金 : 3,496万円 URL : https://www.ever-rise.co.jp/ 本件に関するお問い合わせ 株式会社EVERRISE 広報担当 石垣 TEL:03-5772-3346 お問い合わせフォームはこちら

プライベートアドサーバー「ADmiral(アドミラル)」、どこどこJPへの接続開始で企業情報をレポート掲載可能に

2017年8月22日株式会社EVERRISE 株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田 宏昌、以下 当社)は、プライベートアドサーバー「ADmiral」( https://ad-miral.com/ ) の接続先データベースとして新たに株式会社Geolocation Technology(旧社名:サイバーエリアリサーチ株式会社 本社:静岡県三島市 代表取締役社長:山本敬介 以下Geolocation Technology社)が提供する「どこどこJP」との接続を開始いたしました。 ◆「ADmiral」の接続先追加の詳細 どこどこJP どこどこJPはGeolocation Technology社が提供する、IPアドレスと様々な情報を紐付けたGeolocation & IP Intelligence データベースを搭載したAPIです。 IPアドレスをもとにユーザーの地域、企業情報などを認識することができます。 アドサーバーのレポート機能で簡単に企業情報の参照が可能に 従来のアドサーバーのレポート機能では、広告を閲覧したユーザーの企業情報を見える化するには、非常に手間とコストがかかっていました。 「ADmiral」はどこどこJPと接続したことで、レポートにおいてエリア情報・企業情報等を参照することが可能になりました。お客様は接続オプションをお選びいただくだけで、すぐに企業情報レポートやエリアレポートをご利用いただけます。 ◆プライベートアドサーバー「ADmiral(アドミラル)」製品紹介 プライベートアドサーバーとは サーバーもデータベースも完全自社保有することで、独自のデータで、独自の見せ方で、広告配信を可能にするのがプライベートアドサーバーです。 レンタルアドサーバーに比べて、お客様独自のデータを用いた自由な配信設定と、より高い収益性が特徴です。 ADmiralとは プライベートアドサーバーのソースコードライセンス販売です。 お客様のAWS環境にすぐにアドサーバーを構築できます。カスタマイズも自由です。 媒体に合った広告メニューを導入することで、媒体価値の向上をお手伝いします。 URL:https://ad-miral.com/ サービス形態:ソースコードライセンス販売(サーバー設置代行・保守契約もあり) 価値あるデータでより最適な広告配信を追求 ADmiralは、今までなかなか手の届かなかったデータを簡単に利用できるようにすることで、より最適な広告配信や配信データの活用を可能にするため、これからも接続先を強化していきます。 ◆株式会社Geolocation Technologyについて 株式会社Geolocation Technologyは、2000年2月に設立され、アドテクノロジー・デジタルマーケティングの分野を主なフィールドとしています。同社の技術は、日々生き物のように変化する世界のIPアドレスを、一つ一つ調査し判定する「IP Geolocation」(位置情報認識技術)を土台としています。さらに、そのデータベースをマーケティングやブランディングの分野・不正アクセスの検出や著作権保護の分野において、顧客の機会損失を最小化し、利益を最大化するソリューションとして提供する「IP Intelligence」の技術に発展させています。 ◆株式会社Geolocation Technology概要 会社名 : 株式会社Geolocation Technology(旧社名:サイバーエリアリサーチ株式会社) 代表者 : 代表取締役社長 山本敬介 所在地 : 〒411-0036 静岡県三島市一番町 18-22 アーサーファーストビル 4F 設立 : 2000 年 2 月 21 日 資本金 : 1億円(平成29年6月30日現在) 事業内容: IP Geolocation 事業、Ad Tech 事業、IP アドレス移転事業 URL : http://www.geolocation.co.jp/ ◆株式会社EVERRISEについて 当社は、広告代理店やインターネットでマーケティングを行う企業に対して、デジタルマーケティングに関する技術をソフトウェアや情報システム等の形で提供しており、2016年で10周年を迎えました。 この分野は高度な技術を必要とし、対応できる企業が国内でも限られています。 当社は、こうした数少ないデジタルマーケティングITに関するリーディングカンパニーです。 ◆株式会社EVERRISE 概要 商号 : 株式会社EVERRISE(エバーライズ) 代表者 : 代表取締役 倉田宏昌 所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル3F 設立 : 2006年7月 事業内容 : アドプラットフォーム開発、マーケティングテクノロジー開発 資本金 : 3,496万円 URL : https://www.ever-rise.co.jp/ 本件に関するお問い合わせ 株式会社EVERRISE 広報担当 […]

社員のためのバースペース「Ebar」をオープンしました。

社内にバースペース「Ebar」(イーバー)をオープンしました。「Ebar」という名称は社名である「EVERRISE」を元に付けられており、EVERRISEの社員が誰でも気軽に集える場所になるようにという想いが込められています。 業務時間後「社内飲み」ができるバースペース 今回のバースペースオープンにあたっては、業務拡大につき社員数が増え中で大人数でのミーティングやイベントが行えるようなスペースの確保、そして働くメンバーがより快適に過ごせる空間づくりを目指しました。社員が自然に集まれるバーカウンターを設け、壁はレンガ調に。植物の緑も多く取り入れることで、ナチュラルで温かみのある空間を演出し、リラックスできる場所となっています。 家具は代表倉田のDIY 「Ebar」に置かれた大きなテーブルや、「Ebar」を象徴するバーカウンターはEVERRISE代表倉田の手作りとなっております。スペースに合ったサイズの木材等を社員とともに組み立てた、他にはない唯一の家具が「Ebar」の至る場所にあります。 気分を替えて仕事がしやすいスペースに このスペースが完成したことにより、社員にとっては自分のデスク以外にも自由に仕事やコミュニケーションができる場所が生まれ、個人デスク以外にも業務スペースができたことでオフィスないで手軽に気分転換が可能となりました。代表倉田の「クオリティの高い仕事と、楽しく快適に仕事が出来る環境の両方を実現したい」という創業当時からの想いが込められています。 社員コミュニケーション促進施策として部活動も。最近人気は「スプラ部」! さらに、「Ebar」のオープン以外にも、社員コミュニケーション促進施策としてEVERISEでは社内部活動も推進しています。その結果、社員同士で自主的に部活動を立ち上げるというカルチャーも生まれてきており、最近盛り上がっているのが「スプラ部」。部員は決まった時間にオンラインに集合し、発売されたばかりの「スプラトゥーン2」(オンラインゲーム)上で遊ぶという活動を行っています。 今後も、EVERRISEは、クオリティの高い仕事と、メンバーが楽しく快適に仕事が出来る環境の両方の実現を図り、デジタルマーケティングITの分野でのさらなる価値提供を目指します。 本件に関するお問い合わせはこちらよりお願いいたします。

プライベートDMP「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」の提供を開始しました。

株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田 宏昌、以下 当社)はプライベートDMP「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」の提供を開始しました。 リアルタイムを実現するプライベートDMP「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」 サービス概要 INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)は、リアルタイム高速処理が可能なプライベートDMPです。顧客データを中心に、オンライン/オフラインを問わずあらゆるデータを統合します。 当社が開発中の次世代マーケティングプラットフォーム「INTEGRAL(インテグラル)」のプライベートDMPエンジンとしての役割も担っているINTEGRAL-COREは、デバイスやIoTの進化により今後飛躍的に増大するデジタルデータを取り込み活用することで、様々なマーケティング施策を生み出すサポートをいたします。 サービス名称 : INTEGRAL-CORE(インテグラルコア) サービスURL : https://www.ever-rise.co.jp/service/product/integral-core.html サービス形態 : クラウドサービス、ソースコードライセンス販売 INTEGRAL-COREの特長 1.高速&リアルタイム INTEGRAL-COREはリアルタイムを前提としたアーキテクチャを採用しています。まさに今、顧客がインターネット上でどのように行動しているのかをリアルタイムに把握することができるため、大切な態度変容のタイミングを逃しません。 2.自由なカスタマイズ INTEGRAL-COREはカスタマイズを前提として設計されています。様々なデータを取り込むということは、様々な集計や見方が存在するということです。各企業に応じたデータの活用が必要となるため、柔軟なカスタマイズを可能としています。 3.自社保有が可能 プライベートDMPは核となるデータベースであるため、自社保有ニーズが強くあります。INTEGRAL-COREはお客様が契約している AWSアカウントに同じシステムをご用意することができます。自社利用に限りソースの翻案を認め、自由に追加開発可能です。 会社概要 商号 : 株式会社EVERRISE(エバーライズ) 代表者 : 代表取締役 倉田宏昌 所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル3F 設立 : 2006年7月 事業内容 : アドプラットフォーム開発、マーケティングテクノロジー開発 資本金 : 3,496万円 URL : https://www.ever-rise.co.jp/   カスタマイズ等のご相談も承っております。 お気軽にお問い合わせくださいませ。 今後ともEVERRISEをよろしくお願いいたします。