イベント

登壇情報 Marketing Special Day -Action & Achievement-

by EVERRISE DXブログ編集部

こんにちは、直前のお知らせとなってしまい大変恐縮ですがイベントのお知らせです!
来年のマーケティング施策などをご検討中の方は必見です。

Marketing Special DAYとは?

ターゲットメディア株式会社様が主催する、今回で3回目を迎えるマーケター向けのセミナー型イベントです。

今回のテーマは『Action & Achievement ~実行可能かつ本当に成果につながる手法・取り組みを知る~』となっています。企業におけるマーケティングの重要性が以前よりも高くなる中、目まぐるしく変化するトレンドや手法に対して広い知見と経験、最新のテクノロジーに対する深い造詣を持つことが求められています。最新情報をキャッチアップはもちろんのこと「実際に成果に繋がるような、実行可能な取り組み」を各企業が様々な切り口でお伝えする非常に注目度の高い内容となっています。

今回、EVERRISEからは取締役の伊藤が登壇します!

イベント概要

Marketing Special DAY ― Action & Achievement ―
~実行可能かつ本当に成果につながる手法・取り組みを知る~
https://www.marke-media.net/seminar/marketing_sp3/

日時:2017年12月7日(木)
   10:00 – 18:45
会場:ベルサール六本木コンファレンスセンター
(〒106-0032 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー9F)

南北線「六本木一丁目駅」直結
日比谷線・大江戸線「六本木駅」より徒歩5分
銀座線・南北線「溜池山王駅」より徒歩8分
日比谷線「神谷町駅」より徒歩10分

講演概要

当日は弊社 伊藤とアンダス株式会社の平野様(執行役員)が登壇予定です。平野様にはデータを活用したデジタルマーケティング戦略全般の支援・コンサルティングされている立場からお話いただく予定です。

『”個客”の「今」をつかむ カスタマーデータプラットフォームとは?』をテーマに、45分間(11:00 – 11:45)お話しをさせていただきます。

顧客データを蓄積する意味を改めて考え、将来のマーケティングだけではなく「付加価値の高いプレミアムなデータ」にする意味を実際の事例を交えてご紹介します。データを蓄積して何ができるのか?そもそもどこから準備をすれば良いか?BI、 MA ツールなどを導入したけれど上手く活用できてない方へのヒントも含めてお伝えします!

満員御礼

ここまで散々告知をしておきながらすみません…実はすでに申込が多く締め切っている状況です。こういった内容のセミナー希望が多いようでしたら弊社内で別の機会を設けられないか現在検討中です!

今後のEVERRISEにご期待ください!

講演者プロフィール

平野 裕亮(Hirano Yusuke)

アンダス株式会社 執行役員 Webマーケティング事業部 DAユニット
Google 広告主コミュニティ RisingStar(Google AdWords, My Business)
「デジタル神無月」運営事務局 代表

Web広告代理店, コールセンター, フリーランス(Web制作)を経て2010年7月にandusへ入社。

入社2年目でSEMユニット(リスティング広告運用チーム)を立ち上げ, 同ユニット長に就任。2013年に, Google社が優れた実績を挙げた企業を表彰するGoogle Excellent Performer Awardの「Gold Award」を受賞。2016年4月に立ち上げた、データを活用したビジネス戦略の構築・支援を行うDA(データ・アーキテクト)ユニットに就任するまでに, Yahoo!エリア賞なども受賞する。

また、デジタルマーケティングへの啓蒙を行うべくブログへの寄稿やセミナーも定期的に実施。2016年10月には「デジタル神無月」と題して、デジタルマーケティングに関わるカンファレンスを企画・運営し、のべ700人を超える来場を記録。GoogleやYahoo!Japan, 宣伝会議などが主催するセミナーに招聘・登壇し, 登壇回数は100回以上, 参加者はのべ2,000人以上にのぼる。

現在は、データを活用したデジタルマーケティング戦略全般の支援・コンサルティングを中心に

・戦略のフェーズに合わせた,サービス/ツール/人材の提案
・アド・テクノロジーを活用したブランディング,プロモーション施策の立案
・リスティング広告を中心とした運用型広告の分析・改善提案,指南
・Googleアナリティクスを使ったWeb解析とコンテンツ提案
・企業・代理店問わずWeb担当者の教育支援

など、「デジタルマーケティングの相談役」としてビジネスサポートを行う。

伊藤孝(Ito Takashi)

株式会社EVERRISE(エバーライズ) 取締役

ソフトウェア開発会社にてプログラマとしてキャリアをスタートし、物流や会計などのプロジェクトに携わった後、2006年に現経営陣とともに株式会社EVERRISEを創業し取締役に就任。起業後もアドテク領域で多数のプロジェクトで実績を積み、現在は主にコンサルティング営業を担当。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人:EVERRISE DXブログ編集部

「攻めのDX」をサポートする株式会社EVERRISEのブログです。